日本という国はいつも黒船が来ないと変わらない

テレビでは、オリンピック大会委員長である森の発言を取り上げて大騒ぎです。

テレビでの報道では、1時間10分の会議に40分の時間を使って放言しまくったということで、その内容の一部を見ると「女性がいると会議が長引く、それは女性同士の競争意識で発言をしあうからだ」というものと、「聖火ランナーに任命されたタレントは人集めのために田んぼの中を走らせたらいい」とか、しまいにはオリンピックの開催はコロナがどうなっていてもやるという趣旨の発言です。

これはいちいち議論をしなくても分かるもので、中学生なら社会のテストで出てきそうな男女平等とか女性の社会進出という問題なのですが、一国の、しかも先進国と自負している日本の元首相が会議の席で40分も自分のために使って喋った内容となると、どうなんだという話になります。

つまり、2021年の日本の姿はこの程度のレベルだということです。

幕末にペリーが来て開国を果たした日本の150年後がこんなレベルだと誰が想像したでしょうか。

やっぱり日本は自分で自分を変えることができない低次元の国家だと世界に発信したいのでしょうね。

"日本という国はいつも黒船が来ないと変わらない"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: