どうのように生きていくのかは個人の自由です

新型コロナウイルスの感染拡大で僕が感じるのは、政治がすべきことと倫理・道徳を取り違えていないのかということです。 自分が感染しているかも知れないという自覚をもって行動しないとダメだ。 これは個人レベルではまっとうな意見だし、考え方だ。 だが、政治を執行する側の人間が、それを言い出したりしたら、それじゃお前の側の責任はどこにあるんだと反論したくなります。 少し整理をしてみましょ…

続きを読む

台風の声コロナ禍の小休止

なんか台風のような風の強さが聞こえてきます。 この頃は少し夜が蒸しているようなので、窓を少しだけ開けていました。 乗馬のレッスンを入れていたのですが、さすがに今日はお休みです。 8月5日から発売されている「さっぽろ応援クーポン券」(名称が怪しいのですが、そんなような名前です)を、8月6日に買いに行ったら、どこも売り切れでした。 郵便局、ラルズスーパー、平岡イオン。 8月5日…

続きを読む

吉村知事のイソジン騒動

8月4日の吉村知事の得意げな「イソジン会見」のあと、すぐにイソジンを買いに藤野まで戻って探したことは書きました。 そのあと、次の日の吉村知事の会見は、「少し誤解があるようです。イソジンはコロナウイルスの予防薬でも、治療薬でもない」とどうも歯切れが悪いことを言ってました。 8月4日の会見では、宿泊療養をしている無症状者や軽症者に1日4回のうがいを試してもらったら、4日目には9割の人が陰…

続きを読む

温泉ホテルのバイキングもなにか慌ただしくて・・・ホテルミリオーネの場合

少し前までは、ランチバイキングを提供しているレストランなどは、コロナ感染のリスクが大きいと、大きな取り皿をやめて小皿での提供にかえたところもあったと聞きます。 ここでも、大きな取り皿での提供は野菜だけで、しかも手にはビニールの手袋着用及びマスクをつけて品物を取りに行ってくださいと言われています。 朝食でのバイキングはよくありますが、夕食でのバイキングは久しぶりです。 やってみると、…

続きを読む

定山渓でイソジンを捜す

義弟夫婦を連れての定山渓一泊旅行です。 義理の弟夫婦は、二人とも行動制限が伴います。 一人は膝の手術をしたけど、いまだに膝に痛みをもち脚がむくみます。 もう一人は、頸椎が石灰化する病気で、下を向くのが大変です。 それ故、定山渓に直行しないでしばしの旅気分を味わってもらうために、まずは羊ヶ丘展望台に行きました。 「恋の街札幌」の歌碑ですが、いつ頃建ったのでしょうか。 …

続きを読む

シャクシャインの像

この像は、今はもうありません。 この像が劣化して倒壊の危険があるということで、新ひだか町が撤去しました。 事前に、その像に替わる新しいシャクシャインの像が発注されていて、既定のスケジュールとしてあったようです。 シャクシャインの戦いは北海道アイヌとしては最大規模の蜂起であったことが分かります。 もともとアイヌの居住地は、北海道各地に分散していて、社会集団としての機能は面と…

続きを読む

もう一・二カ月前の話さえ忘れてしまったようだ

>きょうは火曜日。まえという字を、時間的にまえの場合は、平仮名でまえ、地理的に、たとえば門の前あたりは、漢字で前にしていう。ぼくはモノカキ商売なので、そのほかいろいろ文字について神経をつかっているのだが、こういうことはだまってたほうがいいかもしれない。読むほうは気にしていないしさ。読者どころか、編集者でさえ無関心だ。そのなかで、ぼくがいちばん気をつかうのは、文字を統一しないこと、つまり、文章の場…

続きを読む

今日の先生、イライラしていない?

今日の先生、なんかイライラしていなかった? と帰り際、聞かれました。 「いつもの通りですよ。いつもあんな感じじゃないの」と僕は答えたんですが。 習い事をするときに、何が問題なのかと考えたら、一番にくるのはなんでしょうか。 習い事の種類にもよるでしょうが、やっぱり先生の教え方は重要です。 もちろん、生徒同士の距離の近さ(親しさという意味で)も大事です。 皆が初心者に…

続きを読む

You are my sunshine

今日はひとりの乗馬レッスンだったので、自由に乗って下さいと言われました。 もちろん、インストラクターさんはそばで待機しています。 今年の7月の札幌の気温ですが、一度も真夏日なかったそうです。その代りというか、25℃以上の夏日が例年よりも5・6日多かったとラジオで言っていました。 今日も9時現在で24℃以上。11時からのレッスンですから、25℃以上は確実に超えているでしょう。 首に…

続きを読む

3000万人と5億8666万人

マンションの管理人と話すことがありますが、その時にインバウンドってなんの意味ですかと聞かれたことがあります。 僕も正直分かってはいなかったのですが、アウトバウンドとかインバウンドとかの言葉がマスコミで踊っていましたので、調べていました。 政府が使っているのは、訪日外国人旅行客のことを指しているようです。和製用法とありました。 これからの観光産業は、自動車産業をはじめとした輸出産業の…

続きを読む

いろはかるた・・・犬も道を知る

イ・・・犬も道を知る こどものころは、これを写実と思った。犬はひとりで歩いて、外出先からそれぞれの家にもどってくる。よく道を知っているものだと思った。だが年をとるにつれて、私には、犬が 知っているような道の知りかたから、私たち人間も、道を知る方法を学びたい、というふうに考えるようになった。それは、私のうまれそだった家が、政治を職業の一部としており、そこにあつまりまたはなれてゆく政治家のとな…

続きを読む

やっぱり連休中です

連休を利用して、姪っ子夫婦が来ました。 大阪からです。 実は、この連休に甥っ子の結婚式が予定されていたのですが、コロナ禍では無理ということで来年に延期になりました。 しかし、この連休での飛行機予約のキャンセル料を支払うのが惜しくて、来る寸前まで悩んでいたそうです。 東京では感染者が200人越えをして、大阪でも100人に迫る勢いです。 大阪府からとか或いは会社からの旅行自粛要請が…

続きを読む

喪服は何故黒なのか

韓国ドラマを見ていると、病院で亡くなった人がそのまま病院内の葬儀式場で葬式をあげるのをみることがあります。 病院で人が死ぬのは、考えて見れば普通のことで、現代社会で一番な危険な乗り物といえば「病院のベッド」というジョークができそうなくらい病院で死ぬことに慣れていながら、病院内に葬儀式場があることには違和感を感じます。 合理的といえば合理的なのだが、日本では死は忌み嫌うもので、そこには…

続きを読む

こんな感じです

外観です。4階までしかありません。 マッサージチェアーが置いています。 ビジネスホテルだとバス・トイレ付は普通ですが、お風呂がない部屋があるというのは旅館だからですね。 宿の値段の半分以上は、オーシャンビューの値段ですね。 帰り道に遭った土産物品店ですが、やっているのかいないのか、よく分かりません。 テレビでの放映では、中国人客に向けた高級干…

続きを読む

贅沢の時間と値段・・・JTBの総合評価では96点ですか

虎杖浜にある「ふる川」という旅館です。 来る前は古民家風のお宿ではと勝手な想像をしていましたが、海側に建つホテルという外観です。 コロナ禍で疲弊した観光業者を救済するために各都府県、市町村で「なんとか割」という名目で旅行・宿泊の補助制度が作られています。我々の場合は、北海道ですから「道民割」です。その「道民割」を利用して、普段は行かない少し高いお宿を考えました。 しかし、旅行業者で…

続きを読む

ウポポイに到着

入場口まではまだまだ距離がありますが・・・ 天気予報通りの雨です。土砂降りではありませんが、履いていたスニーカーが濡れ、靴下まで滲みました。 それなのに、駐車場には多くの車が停まっています。 名前は聞いたことがあるような気がしますが、詳細には分かりません。 昔からここに建立されていたのでしょうか。 …

続きを読む

白老ウポポイまでの途中です

恵庭はなロード道の駅にトイレ休憩に寄った時、ポカリスエットを買おうとしたら、左端の自販機と2つ右隣の自販機で売っているポカリスエットの値段が違うのに気が付きました。左端は150円で、2つ右隣は160円。 なんで? ウトナイ湖でも休憩です。 団体行動自粛で白鳥もいません。 お昼休憩は、「ぷらっとみなと市場」という苫小牧の市場です。 出てきたのは誰? …

続きを読む

エリカ秘書発見!

毎週日曜日の深夜に「ブギウギ専務」が放映されている。STVです。 ミュージシャンの上杉周大とエアギター世界大会で優勝したお笑いタレントの大地洋輔の二人がメインの番組だ。そこに岸Dが絡んでの展開になる。 いろいろな企画をやっているが、深夜枠なので予算が限られているせいか、或いは視聴者の飽きさせないようにしているためか、いろいろな企画をまぜこぜにして、代わる代わる品を変え放映している。 …

続きを読む

邪念の中のレッスンこれ如何に

平日の乗馬レッスンも昔以上の賑わいになってきました。 一時期は、新しいレッスン生があまり来ない状況もあって、人が来ないのもゆっくりしていいのだけど、経営者でもないのに大丈夫なのかという心配も頭をもたげることもありました。 コロナ禍で自粛だ解除だと一喜一憂している中で、我が乗馬クラブは土日は満杯、平日は午前中のレッスンだけもあり、賑わっています。 僕はといえば、「ハミ受けモテ男」…

続きを読む

二人の天皇

『天皇の葬儀ー日本人の死生観』井上亮著、新潮社刊。 日本の古墳時代は、四・五世紀頃ではというのが通説でしたが、出土した副葬品などの年代測定では、三世紀頃からあったというのが現代の判断だそうです。ですから、卑弥呼の時代ではと思われる古墳もあるようです。 その時期から天皇が亡くなると古墳が作られるというのが一般的な流れになっていたようですが、古墳の築条は莫大な労力が必要です。築城だけでな…

続きを読む