なぜ、本土日本人が現代の朝鮮半島の人々と遺伝的にほとんど同じなのか?

<日本人>はどこから来て、どこでどのような形で<日本人>になって行ったのか?

アプローチの仕方は様々だ。
その中にはもちろん<天皇>の先祖も含まれるはずだ。
また、アイヌの存在もある。

今盛んに、反韓、反中が叫ばれているが、つい最近の政治的状況で判断し、相手国の人間までも嫌悪する姿勢がみられるが、しょせんどこかで繋がっているのにこれでは自分の写っている鏡に向かって唾を吐いているようなものだ。

「神社の起源と古代朝鮮」岡谷公二著
この本では、題名の通り、琵琶湖周辺の神社を手掛かりにそこに祀られているご神体や神社を建立した人物に焦点をあてて、古代朝鮮との交流を辿っている。
正直、出てくる名前が古事記や日本書紀の時代の人物なので、すらすらと読めないのだ。
つまり、ここには日本人がとか朝鮮人がとかの問題は出てこない。
あくまで謙虚に神社を訪ねて調べているのだ。

他にも、いろいろ日本人ルーツを探る本があるが、別な機会に書きます。

"なぜ、本土日本人が現代の朝鮮半島の人々と遺伝的にほとんど同じなのか?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント