憲法に手を出すな!

BSテレビの番組で流されていたのは、ウガンダ共和国内の反政府運動のことです。

ボビ・ワインというゲットー出身のミュージシャンがメインです。彼は国会議員になり、都市スラムに住む人たちの生活改善を訴えています。
それが進まないのは今の大統領とその周辺が汚職でまみれているからだと訴えています。

彼の主張の一番最初にくるのが「憲法に手を出すな!」です。
その一つが現大統領の任期です。それが迫ってくると、現大統領は就任できる年齢を引き上げる改正案をだし、そのごり押しをします。
審議をする国会内に私服の軍人を導入し、改正案に反対する議員を議会から排除して採決をします。

そういう状態ですから、まともな審議ができる訳がありません。

ただ、スラム街の貧困層の人たちには圧倒的な支持を受けているのですが、国民全体にまで支持が広がっているのかはよく分かりません。

テレビでは、ボビ・ワインが次期大統領選挙に出馬するとも伝えているので、注目したいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント