立春・・・二十四節気

暦に関する本を読んで見ると、1年の始まりが1月からだというのは常識でもないことが分かる。 英語のカレンダーも月のはじめを意味する「カレンダエ」から来ている。また、本来は7を意味するラテン語のseptemがいつのまにかSeptember=9月になったのは、3月が年の始めでその7番目の月ということで9月がセプテンバーを呼ぶようになったという説があります。 旧暦と呼ぶ暦の考えでも、年の始めは立春の…

続きを読む

お姉ちゃんのロト7

僕に兄がいることは何度か書きました。4歳で亡くなったのですが、祥月命日には仏壇の前でお経をあげています。でも、亡くなった日よりも生まれた日が大事なような気がします。そで、除籍謄本などを見てみると、9月22日なのか9月20日なのか墨の字がグチャグチャしてよく分かりません。9月22日に届けたが、生まれた日は9月20日だとも取れます。どうなんでしょうか。 その際に、お姉ちゃん(一番上の姉のことをそう…

続きを読む

黒い巨塔ですか、旭川医大は

北海道の中でも、コロナ感染の広がりで目立ったのは札幌ではなく旭川です。もちろん、感染者数では札幌の方が断然多いのですが、老人介護医療を専門とする吉田病院でのクラスターが旭川での感染拡大に火をつけた形に見えます。 その吉田病院から旭川にある基幹病院へ医者・看護師ヘルプの要請が出され、その対応をめぐって旭川医大では学長と病院長が意見が対立し、学長がそんな要請に応えるなら病院長が辞めてしまえと恫喝し…

続きを読む

顔も見たくないほどあなたに嫌われるなんて

弘田三枝子が歌う「人形の家」の出だしの歌詞です。 >顔も見たくないほど嫌われるとくると、現代ではイジメのことかと発想が飛びますが、自分を嫌っているのは皆ではなく「あなた」です。しかもそのあなたには一度は「命を預けた」ことがあるというのです。 この歌が何故か好きなのですが、歌詞に流れている相手の拒絶の激しさに正直ビビります。そんなに人から嫌われるなんて、この女性は何をしたのだろうと想像します。…

続きを読む

太極拳の源流を求めて

『太極拳の源流を求めてー十三勢套路の発見ー』陳 崢(ちん・そう)著、二玄社発行。著者は、1957年生まれで北京体育大学院を修了しています。僕が通う区の体育館で教えている先生が北京体育大学に編入学した(同志社大学を卒業して)と語っていますので、この著者は後輩にあたる年齢です。 太極拳の歴史がいつ頃からあるのかは、実はよく分かっていません。区の太極拳講座の先生は、中国四千年の歴史を紐解けば古代の遺…

続きを読む

古本って、いつからか?

断捨離という訳ではないが、すこしづつ本の片付けをしている。 趣味が同じ人に読み終わった本を読んでもらうために、どこかに置いてもらうことも考えたが、どうなんだろうか。お菓子をおいて置くのとは事情は違うだろうし、誰も持って行かなかったら邪魔なだけだしということで、本のネット買取店に送ってみることにしました。 どこどこが一番高く買い取りますという宣伝もありますが、漫画なら高価買取も期待できますが正…

続きを読む

罰則を設けるって、自分たちの責任は?

コロナ禍での感染拡大が何か国民の非協力にでもあると考えるのか、特措法改正でいろいろな罰則規定を設けるようです。 まず、飲食業などが協力しないことが感染拡大になっているという認識です。 これはテレビなどでも調査していますが、最初は接待を伴う飲食業から感染拡大が広がったことが分かっていますが、今は家庭内感染、職場での感染、会食での感染と多様化しています。家庭内感染と職場での感染でもその割合は5割…

続きを読む

洗濯機購入に当たり、電気屋さんを選択

2013年製の洗濯機なのでリサイクル料が掛かるようです。 この洗濯機、購入後5年にして突然動力がストップしてしまい、無料でモーター交換したのはいいのですが、少し経ってからは洗いの時の回転音が鳴り出しました。回転音というより、モーターのギアがずれているような音です。洗いのためのスクリューみたいな下の部分が手で回るようになっていたので、ギアがちゃんと噛んでいなかったのでしょうか? 女房は、隣や階…

続きを読む

一文不知の愚どんの身となりて

宗教学者である<ひろさちよ>の活動が一時期盛んに新聞でも取り上げられて、僕も数冊の本を読んだが、ある時期スパッとやめた。 それは、法然の「一文不知の愚どんの身となりて」という言葉の前提というか条件として、「たとい一代の法(のり)を能々(よくよく)学すとも」というのがあるということの説明として自分たち親子の例を出した。 <ひろさちよ>の親子はどちらも東大を出ているらしく、「もう勉強なんかしなく…

続きを読む

断捨離の値段

楽天市場で本を購入したら、買取店のチラシが入っていました。 前はセブンアンドワイ(今はオムニ7とか言う名になっています)でネット購入し近くのセブンイレブンで受け取っていたのですが、仕組みが変わってからは上手く継承できなかったみたいで、登録が何度もはじかれてそのままです。 本の買取りチラシを見たので、本の買取値段を調べるとピンキリで出てきます。一番高い値段は、買取値段に2000円がプラスされて…

続きを読む

労働者の持つ2つの「自由」

今はEテレと言っているNHKの2チャンネルで、「100分で名著」をやっています。その番組は1回につき25分ですから、4回に分けての放送になります。 読者代表として伊集院光がいて、自分なりの本の感想を語るというやり方です。 前回からマルクスの「資本論」が課題本です。 マルクスは「共産党宣言」とか「経哲草稿」(こんな字だったかな?)とかを読みましたが、「資本論」は読んだことがありません。解説本…

続きを読む

日本人は腸で考える

日本の歴史では列島に住んでいた縄文時代の人々は狩猟採集の生活をしていたために一定の場所にはとどまってはいなかったと教えられていました。定住をするようになったのは稲作文化が入ってきたことで集団で生活することが可能になったというものです。 でも、青森で発掘された三内丸山遺跡をみますと、縄文時代の中期(約5900年~4200年前)でありながら数百人規模の集団生活をしていた形跡が分かっていて、尚且つそ…

続きを読む

つわりは人間の生命誌を物語っている

胎児の成長の写真をどこかで見たことがある。 もちろん、胎児だから人間の姿形になるまでは何週も要します。胎児は羊水の中に育つのですから、肺呼吸をしていません。生まれた瞬間に「オギャー」となくことで肺呼吸が始まるのです。それまではへその緒を通じて母親から栄養や酸素を貰っている訳です。 ところで、母体である母親がつわりになる時期があります。5周目頃からと言われています。 人間は受胎した時から人間…

続きを読む

彼もコロナ対策を・・・

金曜日配信のものでしょうか。北海道新聞の付録?札幌10区というものがあります。 今見ると、毎週火・金曜日・発行と書いていました。 その特集の中記事に「防犯情報」というものがあります。●下着を見せる(厚別区) 厚別署によると、12月29日午前0時10分ごろ、厚別中央5の4付近の建物で、女性が、コートの下に女性用下着を身につけた男に、コートの前を開かれ、下着姿を見せられました。男は30歳代ぐらい…

続きを読む

末吉と末吉

年末(12月30日)に北海道神宮に行った時に引いたおみくじが「末吉」だったので、新年を迎えてまた引けばいいやと豊平神社にどんど焼きにしめ縄やお札も持って行ったついでに引きました。そうしたら、また「末吉」。 これなら、旧正月である2月4日以降にまた引くかと考えています。 ラジオでの話では、大吉のおみくじが出るまで14回も引いた人がいるという話です。まあ、自分で納得すればいいだけの話です。 今…

続きを読む

苦み走ったいい男

これが今日の夕食?と驚く人もいるかも知れない。そうめんと目刺し(いわし)と肉とシメジの炒め、(女房はスーパーで買ったエビしんじょ)これしかテーブルに乗っていない。他に、赤ワインとオリーブオイルが見えるだけなのだ。 相当節約しているのではと同情されると困るので書くが、実はお昼にお汁粉を食べた。餅は鏡モチ(パック式の四角い餅入りのお供えだ)の小さなものだったのだが、夜になってもお腹が空かない。 …

続きを読む

今ここにいる自分と世界(陰陽五行説と算命学)

今年の十二支(えと)は丑ですが、干支(かんし)で言うと辛丑(かのとうし)になります。この干支(かんし)という数え方、考え方は陰陽五行説によるもので、僕自身は占いの算命学という本で少しばかりの知識を得ました。 (えと)は、皆さんご存じの十二支に分かれていて、それぞれの年のえとが順番に繋がっていきます。そういう意味では時間軸という考えができます。陰陽五行説によると「天の気」というそうです。もう一つ…

続きを読む

ながらへばこのコロナ禍やしのばれむ丑の令和ぞいつか恋しき

百人一首を読んでいたら、 ながらへばまたこのごろやしのばれむ憂しと見し世ぞいまは恋しき      藤原清輔朝臣 藤原清輔朝臣(ひじわらのきよすけあそん、1104~1177)六条家の顕輔の子。位は正四位下にとどまったが、二条天皇の信任厚く『続詞歌集』を撰んだ。しかし、撰半ばで天皇の崩御にあい、勅撰集とはならなかった。 ままよ この捨て果てて悔いのないいのちとは言うものの 生きながらえてみれば…

続きを読む

メルアド変えました

年明け以降、詐欺メールが1日に10件(通)ほど来るようになって、女房に曰く、メールが全然来なかったのだから詐欺メールがくるだけマシじゃないのと言われましたが、着信の都度、迷惑メール送信と未読削除を繰り返しているのが面倒になり、メルアドを変更しました。 ドメイン拒否をしたら、まずいんでしょうね。相手のメルアドを拒否しても、何度も変えて送ってきますので効果はありません。 今年の3月頃には、携帯各…

続きを読む

マイナンバーとヨーグルト

冬の季節は、土日月の3日間だけ開いていますので、歩いて買いに行きます。リュックは見た目重視で小さめを買いましたが、ヨーグルト3本を入れるとパンパンです。販売所は八紘学園が開いています。ヨーグルトも牛乳も生徒が作ったものです。日ハムの球場が2023年北広島に完成しますが、球場の敷地候補として八紘学園の敷地が検討されたのですが、八紘学園側が拒否して日の目を見ませんでした。札幌の中で交通の利便がいい場…

続きを読む

ガソリン満タン!

買い物と趣味である乗馬・太極拳の場所へ行く以外車を運転しなくなったので、まるで放置自動車並みです。マンション駐車場74台のうち放置自動車の仲間はあるのですが、どういう具合か入り口から数十台分のスペースが日中空いている状態の中、一台がポツンと置き去りになっています。 横スペースならあまり気にならないのですが、入り口近くなのでポツンが目立ってしょうがない。 先日、久しぶりにガソリンを入れに行った…

続きを読む

「令和」を改元して、「輪和」にすべし

前のブログでも書きましたが、「百人一首」を読んでいたら急に疑問が湧いてきました。何故、九十九番目と百番目の歌に、後鳥羽院と順徳院の歌をもって来たのかという疑問です。 後鳥羽院も順徳院も承久の乱で島流しにあった天皇です。 後鳥羽天皇が、鎌倉幕府を作った武士の支配に公然と反旗を翻したと書くと、正確ではありません。長い平安時代が終焉したとはいえ、天皇を頂点とする政治はすでに見る影もありません。すで…

続きを読む

いつからステージ4相当になったのか

昨年の4月において非常事態宣言を発出する条件をいろいろあげて論じていましたが、今回の第三波といわれる急激なコロナ感染者増加について、政府や専門家会議はステージ3相当だとかステージ3に近づいているとか言っていたのが、緊急事態宣言を発してからは、解除の条件としてステージ3相当まで感染者数が減ったならばと語っています。 つい先日まで、今の状況はステージ3に近づいているがステージ3相当までは行っていな…

続きを読む

へ~、なんか俺、たまにはすごいことを言っている

ブログの機能でアクセス解析というものがあります。どのような手段で、このブログに皆が何時頃アクセスしているかの分析機能です。 もう10年もやっていますので、累計18万件のアクセス数になりますが、女房に言わせれば、自分で何回も見ているからでしょと云われます。 1日のアクセス数は20数件~100件程度で、実際の訪問になると半分以下にもなったりもして、ブログの題名で寄ってみたというのが多いのでしょう…

続きを読む

ぴよよと鳴く迷惑メールのしつこさよそれにつけても金の亡者よ

朝4時半過ぎから、メールがきています。午前8時に起きてから、迷惑メール登録で送信しても、いまだにメルアドを変えてきます。もう10通以上になったでしょうか。 未読の状態で消していますので全文は分かりませんが、1通目は50万円が云々とかいていました。次は、150万円が振り込まれますと書かれています。それも迷惑メール登録で送信すると、 無料でなんとか、ポイントがなんとか、次は、女性を装っての、間違…

続きを読む

人をもし人もうらめしあぢきなく世を思ふゆゑに物思ふ身は

『百人一首』大岡信、講談社文庫。 人をもし人もうらめしあぢきなく世を思ふゆゑに物思ふ身は       後鳥羽院 詮ないことだが世を思う世を思えば物を思ういとしい者がいる 憎いものがいるつまらない世になおこの愛と憎しみのある心のふしぎ お正月なのでという訳でもないのですが、何故か百人一首を手にしてしまいます。最初の歌は、天智天皇御製ということになっています。 秋の田のかりほ庵の苫をあらみわ…

続きを読む

浅茅生の小野の篠原しのぶれどあまりてなどか人の恋しき

『百人一首』大岡信、講談社文庫。 浅茅生の小野の篠原しのぶれどあまりてなどか人の恋しき   源等朝臣。参議等(さんぎひとし、880~951)嵯峨天皇の曾孫、中納言源希(まれ)の子。 百一首を読むと、朝廷の男子のすることは恋する相手に恋文をせっせと書き送るのが仕事だったのかと思えます。それも、単なる恋愛事情ではなく自分の地位をあげていく手段でもあったようです。 「浅茅生」は、丈の低い茅の生…

続きを読む

葬儀終了しました

新聞のお悔やみ欄を見ると、この頃は「葬儀終了しました」という文字が目に付きます。コロナ感染のリスクを考えれば遠方から親戚に来てもらうのは気が引けるのではないかと推測しますが、もしやコロナ感染での死亡のため、そうしたのかとも考えてしまうのも事実です。 北海道はコロナ感染者が緩やかに減少傾向にあるといいますが、死亡者が他県からみれば多いのが特徴です。1月5日の北海道新聞の数字を見ますと、コロナ陽性…

続きを読む

落馬の朋友・・・その①

元旦の朝、羽鳥慎一モーニングショーを見ていたら、どういう訳かNHKの紅白歌合戦の映像のダイジェストが放送されていました。紅組のオオトリがMISIAです。その彼女ですが、乗馬で落馬して肋骨を折って完治していない状態での歌の披露だったようです。さぞや発声の時は痛んだでしょう。 芸能人でも乗馬をしていますと公言している人がいます。歌手の華原朋美はジャンプ競技にもでていましたし、男性歌手のKANも乗馬…

続きを読む

老人老い迅く、自覚なり難し

バス路線旅を熟知している太川陽介と鉄道オタクの村井美樹による対決旅は、何度見ても面白い。12月30日に放送されたのは、対決としては第7弾で、それまでの勝敗は3勝3敗の五分。この回は、京都の仁和寺から岡山の姫路城までのコースで、途中に4つのクリアポイントがあります。 勝負からいえば、鉄道のスピードに対抗するには、小回りが利くバス路線が必要なのですが、県をまたぐとバス会社も違うために情報を一か所で…

続きを読む

年賀状が届かない!

郵便配達を仕事をしている者にとって、年賀状は特別だ。いわば一人前になったかどうかの試金石とも言える仕事だ。 だから年賀状が届かないという苦情には敏感だ。自分を含めての経験でいえば、いろんな事例がある。 例えば、一軒家などで横の車庫ガレージに入れて欲しいと言われて入れたのに届かないという苦情が入った。まあ、年賀状が届かないという場合は、隣近所にくっついて入ることがある。特に、昔は高校生バイトが…

続きを読む

今年は赤べこが参加しました

いつもの正月デスプレーに赤べこが参加しました。女房が若いときに買っていたものです。2頭目の赤べこです。赤べこが縁起がいいのは、赤という色が関係しているのでしょうか。それとも赤という言葉が関係しているのでしょうか。赤という字の語源は明るいという意味に通じているようですが、字のいわれかでは、炎が燃え盛る様子を表しているのだと書かれています。神棚にも輪締めと繭玉を飾りました。コロナの年の玄関では、まず…

続きを読む