一等賞おめでとう!

先日の競技会で一等賞をとったと聞きました。

競技会と言うのは、馬術競技大会です。
北海道での公認大会は、毎年5月~9月までの5回しか大会はありません。
ですから、騎乗者資格を取るのも、C級は5月、B級は6月と限られた中での挑戦となります。
しかも今年はコロナ禍で5月と6月の大会は中止でした。

一等賞をとったと言う方は、妙齢を少し過ぎた女性で、自馬を何頭も持っていますが、週の何日かは早朝から馬の世話をしているのですが、自分の馬だけでなく、他の馬にも草をやったりしています。
レッスン中に何度も落馬し、一度は救急車で搬送されたこともあったと聞いています。

そういうのを常日頃から見知っていますので、一等賞は自分のことのように嬉しい出来事です。

乗馬クラブでの付き合いですので、深く付き合うことはしませんが、それでも何年も接しているとそこにいるのが普通になります。
それこそ日常の風景として、自分たちがいるという形でしょうか。

私趣味していますという見栄というか立ち居振る舞いのところを過ぎると、それが日常のように感じます。

そして、日常の中で誰かにいい事あったら、周りの人も喜びます。

今回の一等賞はそのようなものです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント