冷蔵庫を22年ぶりに交換しました

家の中にいるのになぜかセミの声が聞こえてきて、「あ~、北海道も夏の季節になったか」なんていう感慨を抱いていたら、なんてことはないのです。
どうやら、冷蔵庫がもう寿命ではないですかと訴えているのです。
おそらくモーター音のせいでしょう。ジージーとか、ジーンジーンと聞こえるのですが、最初はどこかでセミの声がしているのかと思いました。

え~!もう替え時なの?と思いましたが、冷蔵庫内の製造年月日を見たら、98年と書かれています。98ということは1998年ということですよね。もう22年も経っているのです。
記憶の中では、つい最近、女房と家電屋さんに冷蔵庫を見に行って買い替えたつもりでいたのですがね。

買い替えるといっても、台所に置くスペースが決まっていますので、幅・奥行・高さ・容量などを検討しなければなりません。

冷蔵庫の大きさ・野菜室の大きさ・冷凍室の大きさ・それにメーカーによっては野菜室と冷凍庫の配置が違います。
腰の持病がある女房は、取り出す頻度を考えて、今まで通り野菜室が2段目で下が冷凍室の配置のものにしました。スリードアです。

今までは、氷を作ってはいなかったのですが、今度の冷蔵庫は自動で製氷します。まあ、これも今や標準装備なのでしょう。

セミの声が、自動で製氷した氷が製氷皿にガラっと落ちる音に変わりました。

ところで、冷蔵庫内の温度・冷凍室の温度を中にするとエコモードになるのですが、冷蔵庫に入れているペットボトルの冷たさにびっくりしています。もしかしたら、今までは弱の設定温度にしていたのかも知れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント