乗馬クラブのはしっこで

一度、乗馬クラブのことを写真入りでブログに書いたことがあります。
その時、これは体のいい会員勧誘の宣伝なのかという反応が来ました。

う~ん、そういうとらえ方をする人はいるんですね。

僕は単純に乗馬クラブの楽しさを紹介したかっただけなのですが、まさか勧誘にとられるとは意外でした。

9年目を過ぎて今年から10年目に入りますが、僕も古株のような存在になっています。
自馬の人たちは、それこそ何十年と通っている方もいますが、レッスン生では古い方かも知れません。

乗馬クラブの場合は、他の乗馬クラブから移ってくる方もいて、古い=上手という図式にはなりませんので、どちらかと言うとみんなの邪魔にならない程度に居座っている感じでしょうか。

昨日久し振りに会った方ですが、この頃会わないでいると思っていたら土日に通っているとのことで、再度基礎からやり直すとポニーに騎乗していました。

基礎なんて今まで考えたこともなかったけど、乗馬の基礎ってなんだろう?

馬の動きを邪魔しない座り・姿勢・手綱の技術を身につけ、それでいて馬に適切な扶助を出せるということではないかな。
でも、言うは易し行うは硬し。

また、レッスン馬によって扶助に対する反応も違うし、馬そのものの動きも違うから、この馬では上手くいったのにあっちの馬では全然だめだったというのはいつものことです。

どんな馬でもというのはね・・・

馬は自由に走ったりするのは楽しいだろうけど、レッスンとして走らされるのはストレスだと思う。

読んだ馬の本では、馬の感受性は快か不快の感覚が大きいとあったので、心地よいという感覚を誤魔化しでも馬に持ってもらうことを考えて乗るのがいいかも知れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント