吉永小百合と岩下志麻とビヤガーデン

昨日の日曜日、地下街での一角にコーナーが置かれてあり、パンフ表紙にある土器や土偶のレプリカが陳列されていました。 パンフには、<日本が誇る縄文文化>として、説明文がありました。 >縄文文化の始まりは今から約1万5千年前に遡ります。急激な温暖化により、日本列島では、ドングリ類やクリ・クルミが実る豊かな落葉広葉樹の森が広がり、魚介類が豊富に生育できる地形や環境が形成されるなど、世界的にも…

続きを読む

ハミ受けモテ男への道第何弾?・・・一所懸命

ハミ受けモテ男への道を宣言してから何カ月経ったでしょうか。 未だ進むべき道が見えません。 馬術教本のたぐいを何冊か読んではいるのですが。 乗っている人のバランスとか姿勢、或いは馬のやる気をどう引き出すかとか、ごもっともですと頭を垂れて聞いているのですが、なんか当然なことがどのようにすれば備わるのか、さっぱり分かりません。 こうなると、馬が動きやすいように乗ってあげる、そのため…

続きを読む

野島 ヌシマ のしま

『古語と現代語のあいだ』白石良夫著、NHK新書。 本を買ったけど、全然読み進むことができない本がたまにある。 この本がそうだ。 >万葉集では、「野」「楽し」「偲ぶ」「信濃」といった言葉は、真仮名(日本語一音に漢字一字をあてる万葉仮名)で書かれるとき、「奴」「努」「怒」などがつかわれる。これらの漢字音はヌであるから、はるか上代(奈良時代とそれ以前)にはヌ・タヌシ・シヌブ・シナヌだった…

続きを読む

札幌競馬場への日程が決まりました。

8月3日は、転勤した後輩と行きます。 昨年も一緒に行きました。本当はもう一人を呼ぶ予定でしたが、仕事の関係で来れず、二人だけでした。 勝敗は、3勝はしましたが、配当金が少なく、投資したお金の3分の1程度の戻りです。 終わってから、鰻を食べようと大丸デパートの食堂街の有名な鰻屋さん(ネットで見ると、1位か2位のランキングです)に行きましたが、高い、高い。半身程度で二人で1万円近くです…

続きを読む

風を食べて動く・・・ヤオ・テンセン展

このポスターの作品名は、「アニマリス・ペルシピエーレ・プリムス」(セレブラム期の時代です) 久し振りの「芸術の森」です。 65歳以上の割引ですが、野外美術館を含めての入場券を買ってしまったので、1380円。結局、ヤオ・テンセン展のみで終了。でも、後日でも可能なようです。 以下、作品の説明文を載せますが、写真の作品を説明したものではなりません。展覧会で配布しているチラシによる…

続きを読む

コンプラ、金比羅グダグダ会見・・・家業の露天商の話もしよう

芸人のごたごたにマスコミが騒ぎすぎているんじゃないかと思うが、参議院選挙結果も今一ということでこれも視聴率の上では仕方がないことかも知れません。 7月20日に宮迫と田村亮の二人が謝罪会見を開きました。いくつか整理してみます。 内容は、①反社会勢力が主催するパーティーに参加しギャラを貰っていた事実に対する謝罪です。②反社会勢力と言われるが吉本興業のイベントでもスポンサーになっていた企業で、…

続きを読む

たけしも上沼もすごいけど、参議院選挙よりも盛り上がっている

お笑い芸人による反社会勢力との闇営業問題で、昨日、宮迫なんとかと田村亮が二人で会見をしていた。 闇営業=直営業の問題と反社会勢力からギャラを貰ってパーティーに参加していたという問題は別なのだということは理解できた。 事務所を通さない直営業は普通に行われているようで、大阪の人へのインタビューでは、結婚式などではよくあることだと話していました。 でも、バブルの時期でもないのに、単なるパ…

続きを読む

はじめての「奥の細道」

芭蕉が旅紀行文『奥の細道』で辿った行程です。 『奥の細道 古典を歩く①』毎日グラフ別冊より 全然興味がなかったのですが、ドナルド・キーン氏の著書を読んでから、「奥の細道」を一度は読んでおこうと思って借りたら、なんとキーン氏が書いた英訳の「奥のほそみち」でした。 それで普通の解説本をと借りたのが上記の本です。 芭蕉は「奥の細道」での紀行で、東北地方まで足を延ばしています…

続きを読む

最後のハローワーク

失業手当を貰うために通っていたハローワークともお別れです。 65歳の前に退職したので、120日分の支給です。 短時間勤務でしたので、1日の手当ては低いのですが、それでも掛ける120日です。 就職活動と言っても、ハローワークでパソコンを眺めているだけです。 それにしても、いろんな求人募集があります。 理容業のパートの求人募集が大量にでていたり、チェーンレストランの厨房やホ…

続きを読む

長さんボス・・・知らぬ間に主従関係になっていた

長さんボス いかりや長介さんがドリフターズを結成するにあたって、初期のメンバーに声を掛けました。 荒井注、中本工事、加藤茶、高木ブーなど。 バンドが出来た時はいつの間にか、主従関係になっていたという事を現した文句です。 なんでこんな言葉を思いついたかと言うと、NHKで「72時間」と言う番組を見たからです。(番組名はネットで確認して下さい) その時のものは、断食道場に来る人々…

続きを読む

Under the same roof Prostitutes were sleeping-The moon and clover.

『おくのほそ道』松尾芭蕉 対訳 ドナルド・キーン 一家(ひとつや)に遊女もねたり萩と月 せっかくドナルド・キーン氏の訳本を図書館から借りたので、数句を載せました。 色っぽい俳句です。 The burning sun It has washed into the sea-Mogami River. 暑き日を海にいれたり最上川 夕涼みのような感じでしょうか。 …

続きを読む

ギリヤーク尼ケ崎は死んだ?

ギリヤーク尼ケ崎の特集をテレビで見ました。 最後の公演みたいな感じでしたが、本人はまだまだやり足りないと語っていました。 札幌で歩行者天国を行っていた時期、三越前でのパフォーマンスを見ました。 それ以前に写真集を購入していたので、ワクワクして見たのですが、期待感が大きすぎたのか、印象は「ああ、そんなものですか」という感じでした。 でも、テレビで見ると、彼の踊りに涙が出てきます…

続きを読む

本当かな? ブログ全体へのアクセス数は現在130822

BIGLOBEウエブリブログが改変されて、使い良くなったのか悪くなったのか、未だに分かりません。 その中の機能に「アクセス解析」というものがあり、これまでのアクセス数とか前日のアクセス数とかが出ます。 それを見ると、今までに13万件のアクセス数があったことになっています。 本当かよ!と思います。 ごくたまにコメントを寄せてくれる方がいますが、ネットでの個人的なやり取りはどうも…

続きを読む

馬の暴走も高齢者運転のせい?

乗馬クラブに通っている人の大半は女性です。 うら若き女性はあまりお見受けしませんが、女性です。 それに対して男性はというと、指で数えられる程度の人数です。 シニア世代というと、今のところは僕ともう一人でしょうか。(レッスンで会う人は) レッスン馬といっても、競走馬上がりのサラブレッドですから、たまに暴走気配を見せることがあります。 走るために作られたサラブレッドですから、性…

続きを読む

交通安全の旗振りでゴミ袋をゲッツ!

女房が町内会の役員になったので(順番性)、交通安全の旗振りに一緒に行きました。 集合場所に5分前に到着したら、もう役員の挨拶が始まっていました。 少し寒い日です。 豊平署の課長さんがこまごま数字をあげて喋っていたら、後ろに立っていたおばさんは「こんな寒い日に、あんな数字を喋ったって誰もきいていない」と一人毒ついていました。ごもっともです。 国道36号線沿いに黄色の旗を持ってただ立…

続きを読む

なんか今からワクワクします

http://event.hokkaido-np.co.jp/theo/ テレビで見たことがありますが、本物が見れそうです。 10時から、1時間ごとに15分程度の実演?をすると書いています。 風が物体を動かしているというより、風の正体を捉えたという感じでしょうか。 それとも地球の沸き上がるエネルギーを捕まえたということでしょうか。 いずれにしても、ワクワクします。

続きを読む

気になる~

近くのスーパーが気になりだしました。 何故かと言うと、に少しまとまったお金を投資したからです。 そこのスーパーでは、月ごとの出資金残高を計算して、次年度にはポイント還元があります。 年0.75%です。 3000万円まで出資金を増資できるそうです。 HPのよくある回答を読んでいたら、「経営が破たんしたら、出資金はどのくらい戻ってきますか?」という質問に対して、「今は経営再建中…

続きを読む

レンタル「なんもしない人」は現代日本の修行僧である

https://twitter.com/morimotoshoji?lang=ja レンタル「なんもしない人」が矢継ぎ早にテレビで取り上げられています。 僕はいつ見たでしょうか? とにかく数か月前にテレビで見たのですが、レンタル「なんもしない人」はエリートの道を自ら降りたような方です。 大阪大学の大学院をでて就職をしたけれど、ノルマを求める会社の風土に合わなくて3年でやめたそうです。…

続きを読む

健康太極拳・・・何が本当なのか?

太極拳を習っていると何度かブログに書きました。 乗馬をやっていると、背中や腰が張ってきます。いつもは、シップを貼ったりしていますが、それをほぐすような体操があればと思い、太極拳講座に通い出したのです。 どうも講座の先生は癖のある方で、ものごとを断定的にいうのですが、どうも?と思うことがしばしばあります。 また、ニ四式太極拳の流れである塘路は覚えなくてよいと言いながら、ここは全然違う…

続きを読む

中京も取りました

中京第11レース プロキオンステークス GⅢ 1着 ⑩アルクトス 2着 ⑫ミッキーワイルド 3着 ④ヴェンジェンス 三連複です。2番、3番、4番人気の馬での三連複なので、思ったより付きました。 3,800円投資で、1万4120円。 4,000円チャージしたのに、何故か3,800円を使っています。変な買い方です。 函館、福島とかすっていたので、もしかしたらと思ってパソコン…

続きを読む

The Narrow Road to Oku(おくのほそ道)

ドナルド・キーン氏が「おくのほそ道」を書いているというので、図書館から借りたら英語への翻訳でした。 僕は何を考えているんでしょうか。 単純な「おくのほそ道」の解説文を期待していたのですが、英語の本だって、そりゃそうだよね。 As[we]trudged ahead,following the above-mentioned picture-map,there was a long…

続きを読む

千里の道もホルボッシュ・・・ハミ受けモテ男の危機!

ハミ受けモテ男への道を歩み始めたとブログに書きましたが、どうも雲行きが怪しい状況です。 以前、ホルボッシュに騎乗した時、レッスンの最後ではホルボッシュ自らハミ受けをしてくれて、僕はただただ手綱に繋がっているだけでよかったのです。 その記憶があるので、久しぶりにいざホルボッシュに騎乗して見ると、きちんとしたハミ受けがなかなか取れません。頭の中では、ホルボッシュ自らぐいぐいハミを引っ張っ…

続きを読む

山崩れ、川流て、道あらたまり、石は埋て土にかくれ、木は老て若木にかはれば、時移り代変じて・・・

『おくのほそ道』の中の、多賀城の城趾を訪ねた時の文章だそうです。 『古典を楽しむ』ドナルド・キーン著、朝日新聞社刊より。 >芭蕉は『おこのほそ道』の「夏草や兵どもが夢の跡」の句の前に、中国の杜甫の詩句「国破れて山河あり」を引用していますが、ここでは芭蕉は、それは嘘だ言っているのです。山河はないかも知れない。「山崩れ、川流て、道あらたまり、石は埋て土にかくれ」て、自然そのものはなくなること…

続きを読む

ヘ~ンシン!

テレビで<変身>と叫んだら、トォーという声とともに一瞬で改造人間に変わっていくのだけど、我々シニアの場合はゆっくりと変身する訳で、自分には気づかないのに、久しぶりに会う人からすれば確かに変身している姿になっているのだ。 60歳定年時には、長年のフル勤務を終了した気楽さもあり、何かあれば飲み会をしようと言っていたが、65歳になってみると、それもひと段落したような気分で、さて、これからはという…

続きを読む