貴乃花が守ったものとは

http://www.ladyweb.org/special/
ある著作集の出版に寄せて書かれた文章のようですが、貴乃花自身の文章とすれば理路整然として言うべきこと語るべきことを短い文章にまとめる能力は確かなもののようです。

ここに彼の目指すべき「相撲道」の一端が見えます。

貴乃花の引退の理由が彼の口からも語られていますが、彼の目指すべき「相撲道」は今までもなかったし。これからも生まれることはないだろうと僕は思います。

つまり、貴乃花は今までも存在したことがない「相撲道」がかつてありそこへ還るべきだと念じていたのでしょうが、それは所詮夢追い人のたわごととしか周囲には受け止めらなかったのでしょう。

そこが貴乃花の問題です。

現実的な対策や方策はいろいろあったと思います。

たとえば、日馬富士による貴ノ岩への暴行事件です。
相撲協会の体質として隠蔽工作に走ることは目に見えています。これは長年協会内部にいた貴乃花にすれば分かることです。

貴乃花親方が考えたことは、何故自分の部屋の弟子が暴行されたのかという理由だったと思います。
単なる酒の上でのケンカなのか、仕組まれたものかということです。

飲み会のメンバーを見れば、この時の暴行が偶発的なものではなく仕組まれたものだということに気づくのは当然です。

そこに<モンゴル会>の姿が見えるはずです。

本当はそこにメスを入れて貰いたかったはずです。

相撲協会は何をしたのか。
貴ノ岩の診断書を取り寄せ、本人の承諾もなしに公開し、あたかも暴行による傷が大したことがないように言います。
スポーツ庁長官に報告に行った相撲協会の八角理事長が、長官への報告直後に記者を前に話しています。その内容は、貴ノ岩の傷は大したことがないということです。

またその後も、被害者への事情聴取が済んでもいないのに、加害者とその場にいた人たちに聞いた内容で中間報告を発表しています。
その内容は、横綱(白鵬と日馬富士)が飲み会の席で貴ノ岩への生活指導の話をしている時にちゃんと聞く態度をとっていなかったので「かわいがった」というものです。

そんな内容をもって承知する危機管理委員会がどれだけのものかは素人でもすぐに分かります。

ですから、貴乃花親方は第三者の目で判断して欲しいと訴えていたのです。

まあ、こういう相撲協会及び理事会ですから、現実的な対策・方策を立てるとしたら、もっと緻密な計画が必要だったのです。
それをしなかったのは、貴乃花親方の性格上その道をとらなかったという事もありますが、貴乃花親方自身がきっと誰かは分かってくれるだろうという漠然たる期待があったのではないかと思います。

それにしても相撲協会はどこか子供会のレベルです。
7月の理事会で決まった内容。すべての相撲部屋は五つの一門会に入らなければならないという決定が記者発表もしなければ、HPに公表されることもなく、何となく理事同士のささやきで伝わるというのは笑ってしまいます。

一門会が伝統というのは当たっています。戦後のある時期まで、一門会のしきりによる興業で相撲巡業が行われていたのです。また、一門会同士の取り組みもありませんでした。

ですから、伝統としてあったというのは当たっています。でも、今は理事を順繰りで送り出す役目しかありません。貴乃花一門が出来たのもそういう一門会のあり方がおかしいと飛び出した結果です。

相撲協会は「伝統」を守ろうとしたんでしょうね。

ところで、相撲は「国技」ではないとクイズ番組でありました。
でも、外人の力士が生まれ、外人横綱が登場して、その取り組みを見るとどうしても違和感があります。

横綱って、下位の力士のぶつかりをきちんと受けとめて取り組みをするんじゃなかったのということです。引いたり、張り手を多用したり、エルボーをつかったりと、相撲の技?と聞きたくなります。

相撲協会は「相撲」の今後をどうしたいんでしょうかね。

貴乃花親方が投げかけた問いはそこにあるように思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック