<美女>応援団に異議あり!

平昌オリンピックへの北朝鮮参加をめぐって、韓国内でも賛否両論あるようです。 ところで、北朝鮮からの応援団。通称<美女>応援団が来ていますが、昔見たときのレベルからすれば<美女>のレベルが下がったのではと感じています。 前は顔もスタイルも均整がとれていた女性ばかりだったように記憶していますが、今回は少しふくよかな方もお見受けします。 これも経済制裁のせいで、北朝鮮は経済制裁のせい…

続きを読む

日本オリンピック委員会・マスコミ・非難した日本国民は、土下座して国母君に金メダルを取って貰いますか?

さんざん騒いだ上村愛子は、4位。しかも上位2人が転倒しての4位だ。 素人のテレビ視聴感想で言えば、メダルを取った3人、転倒した2人と上村の滑りは差があったと感じる。 スピード、迫力、彼女らは上だった。 世界選手権でいくらメダルを取っても、オリンピックには役に立たないということだ。 これで、スノボー?ハーフパイプ?の国母だけが金メダルを取ったらどうなるんだろう・・・! 謹慎中です…

続きを読む

400Mリレー銅メダルはすごい!

確かに、メダル候補のアメリカ・イギリスが予選落ちしたおかげがあったことは事実だが、素直に喜んでもいい。 例えばこんなことだ。 体操種目でメダル候補の選手が途中までは完璧な演技をして、さあ着地という段階で失敗をしたらどうだろう。彼には、高得点は与えられないはずだ。 それと同じことさ。 日本は、自分の実力でバトンリレーを完ぺきにこなし、3位に入ったのだ。それで充分だろう。

続きを読む

世界選手権でトップ!

オリンピックでの選手紹介記事で「世界選手権でトップ」だったとか書いて煽っているけど、オリンピックではまるで関係ない見たいだ。 どこにピークを持っていくかと言うことだから、オリンピックで勝つこと、自分の記録を更新することは、生易しいことではないようだ。 <日本人は!>なんて言っていまいそうだが、それにしても弱い。

続きを読む

オリンピックはすごい!

オリンピックを見て感じるのは、すごいな~と言うことである。 例えば、女子10000メートル決勝の最後の400のラストスパートは、ただただすごいの一言だ。 スターも誕生した。 男子柔道の石井だ。今流行りのお馬鹿キャラそのものだ。

続きを読む

柔道のスポーツ化がオリンピックの「ジュウドー」である

時間を決めて競い合い優劣を決めるとしたら、それに応じた戦い方があるはずだ。 日本の柔道が勝てないのは、その部分をきちんと見ていないからだろう。 それにしても積極的に行って負けたのなら見ていても潔いと思うが、どうも負け方も中途半端だ。 自分に充分な形を作ってから攻めるというのは、まさに日本サッカーだ。だから負けるのだ。 谷本もなんか可愛く見えたな~。

続きを読む

キライダ、キライダ、キライダ!!!

どうもアニマル浜口の「気合いだ!」の連呼は、「嫌いだ、嫌いだ、嫌いだ」にしか聞こえない。 これは、ストレスでへこんでいるときには、効果があるかも知れない。 車の中でもいいから、大きな声で、「嫌いだ、嫌いだ、嫌いだ!」って叫べば少しはすっとするかも知れない。

続きを読む