乗馬クラブのはしっこで

一度、乗馬クラブのことを写真入りでブログに書いたことがあります。 その時、これは体のいい会員勧誘の宣伝なのかという反応が来ました。 う~ん、そういうとらえ方をする人はいるんですね。 僕は単純に乗馬クラブの楽しさを紹介したかっただけなのですが、まさか勧誘にとられるとは意外でした。 9年目を過ぎて今年から10年目に入りますが、僕も古株のような存在になっています。 自馬の人たちは…

続きを読む

もう、忘年会の予約ですか

夜の9時頃、メールが来た。 メールなんてめったに来ないのだが、開けて見ると、乗馬クラブの若いインストラクターからで、 忘年会の予約を取れないだろうかという内容です。 日にちは12月14日(土)が一番最適だという。 しかもお店を貸し切りできないと。 僕の知っているお店は職場の人の息子さんが友人と共同でやっているのだが、100名近くは入る。 お店を開店した時はお祝いで前の職場…

続きを読む

「あの向こうの山まで馬で行けたのよ」乗馬クラブは住宅街(まち)の中に秘む

56歳から始めた乗馬ですが、最初は遠慮もあり、一日に何鞍も乗りたくても我慢していました。 それに、その当時は今よりもレッスン生が多かったような気がしますし、また仕事をしていたので休みとの関係もあり、肝心の基礎をしっかりと鍛えることをスル―したのではと今さらながら悔やんだりもしています。 最初に今の乗馬クラブを見学に行った時にたまたま話しかけた方が、後日、「昔は、あの向こうの山まで馬で…

続きを読む

手を上げた我に気づき寄るラスタバン 声掛けたし人はクラブハウスにいる

甥っ子の結婚式や姉夫婦・姪っ子夫婦の接待が一段落ついたので、乗馬クラブに寄って見ました。 今日は乗馬クラブがお休みです。 お盆の時期に乗れるかどうかも知りたかったのですが、レッスン馬にも会いたかったのです。 ラスタバンは、ちょっと手を上げた僕を見て寄ってきました。 エサをくれるおじさんと認知しているのでしょう。 定年後の健康や人づきあいを見据えて、56歳から始めた乗馬も9年目を…

続きを読む

乗馬クラブのオリンピックですか?

この頃は、オリンピックの話をしてもいい印象が湧いてきません。 東京オリンピックの招致問題では、票の取りまとめに裏金が使われた疑惑が浮上しました。 次には公式ポスターデザインの盗作疑惑。 メイン会場施設の設計変更。 開催費用の増大。 確か東京オリンピックの開催理念は、東日本大震災からの復興を国内外に示し、復興支援に感謝しようと言うものではなかったかな? それが、招致委員会・…

続きを読む

山里は冬ぞさびしさまさりける 人目も草もかれぬと思へば

我がマンションの駐車場です。 札幌市内での初雪です。 掲出の一首は、小倉百人一首より。 作者は、源宗于朝臣(みなもとのむねゆきあそん)。 歌の意味は、 山里の冬のさびしさはまた格別 おとなう人の往き来は間遠に 草も枯れてしまったと思うにつけて 大岡信訳 今日は、乗馬クラブの恒例大会です。「○○ダービー」と名付けています。 僕は用事で欠席をだしていました…

続きを読む

慣れる、馴れる、狎れる

「はしっこに、馬といる」河田桟著より >粘土のような  ウマは変化に敏感な生き物です。「いつもとちがう感じ」がなにかあると、すぐに気がついて緊張します。  そして嫌そうな顔をすることが多いです。  ところが不思議なもので、ウマは、いったんその刺激を受け止めると、それに合わせて自分のこころや行動を変化させていく「やわらかさ」ももっているようです。  変化を嫌いながら、ある一線…

続きを読む

落馬の友

「竹馬の友」と言う言葉があるけど、竹馬の友=おさな友達と言う単純な意味かと思ったら電子辞書の広辞苑で調べたらなんか複雑だ。 竹馬の友(電子辞書「広辞苑」)・・・桓温が不仲の殷浩と並び称されることを不満に思い、幼時には殷浩は自分の捨てた竹馬で遊んでいたと、自分の優位を吹聴した故事から転じた *結構意地が悪い話だ。 乗馬クラブでは、いつも見かけていた人が見えないので「この頃、来ていませ…

続きを読む

親睦会顛末記なんて・・・

「親睦会・・・ただの飲み会ですが」とアップしたブログに以外とアクセスがありました。 今通っている乗馬クラブの人たちとの飲み会です。 正直他愛のない話です。 http://www.hotpepper.jp/strJ001041645/ ここは僕の職場の同僚の息子さんが友だちと始めたイタリアン酒場?です。 食事もおいしく、且つ飲み放題がついてもリーズナブルな料金です。 女性同士、…

続きを読む

「死に場所」決めたのと言う引っ越しは 自馬を手放す半年後の春

「死に場所」決めたのと言う引っ越しは 自馬を手放す半年後の春 この乗馬クラブ(MRF)に30年間も通っていたそうです。 まさにこの乗馬クラブのヒストリーであり、レジェンドです。 妹さんと弟さんの3人で通っていましたが、ここ1・2年でお二人は体調を考慮し乗馬を離れました。 それでもお姉さんであるこの方はずうっと続けていたんです。 介護で自分の親や旦那さんの親を介護されていた…

続きを読む

おらが乗馬クラブの四方山話など

乗馬を始めたのが56歳だから、もう6年目になろうとしている。 鞍数は、もうすぐ240鞍だがあまりにペースが遅すぎます。 冬でも真夏でも乗っていますから、これでは週一回にも届きません。 乗馬に関して少しでも上手くなりたいと言う思いは頭をよぎるので何冊かのレッスン本は読んでみましたが、読んでみたと言う事実しか残っていませんね。 ・リラックスして馬に乗ること・・・これが馬に対する扶助を…

続きを読む

まあるい地球(ほし)の上だから、真っ直ぐ立つのが難しい

まあるい地球(ほし)の上だから、真っ直ぐ立つのが難しい 久しぶりに見かけました 後ろ姿だったけど痩せましたか それにアイライインを書いていませんでしたか それらが少し気になって ただ今の人生順調ですかって尋ねてみたくなりました お昼休み時間も通ってくる人がいます 休みの時は朝6時前からも来ているとか 27・8歳になるレッスン馬を自馬にしたんですね 手入れのせいか馬の毛並…

続きを読む

金魚迷惑です・・・馬に会いに行く、人に会いに行く

イオンで見つけました。 どういう訳かこういうものを見るとついつい買いたくなります。 女子力と言う訳ではなく自分の中にある嗜好性でしょうか? 小学校の時、グリコのおまけをミカン箱一杯になるまで集めていました。 ミニチュアの世界に一人で遊んでいるのが好きな内向的な子供でした。 孤独感は全然なかった。むしろ満たされていました。 その感覚が今もあるのだと思います。 思いつい…

続きを読む

年が明けて・・・魂は朝夕に賜れど我が胸痛し恋の繁きに

クリスマスが過ぎると、新年用のデスプレーとなります。 『万葉集』の芽上娘子(ちがみにおとめ)の歌です。 <魂は朝夕に賜れど我が胸痛し恋の繁きに> 私の中にある魂は、恋焦がれているあなたへと向おうと私の胸を突き動かして痛いのです。 「怨霊とは何か」山田雄司著の最初に出てきます。 新年にこんな歌と書くと、フェミニン過ぎるな。 ところで、ついこの間のことだけど、<めんこ…

続きを読む

乗馬クラブに通う人たちは<ココロ不美人>が多いかも?

毎週水曜日に放映しているさんまさんが司会の「ホンマでっかTV」と言う番組がある。 先週の放送で、女優6人が出ていて(おそらく「ファーストクラス」と言うドラマが最終回を迎えるという番組宣伝らしい)心理テストをしていたその時の話から・・・。 やはり沢尻エリカ様が出ていて見たんだけど、女房の友達の旦那も沢尻エリカ様が出ていると言うことで見ていたらしい。 男性陣にとって、沢尻エリカ様は魅力…

続きを読む

乗馬クラブの人たち・・・馬術ではなく話術

趣味であれ、スポーツであれ、門外漢が抱くイメージや印象は的外れな場合が多い。 僕もキュロット姿で帰って来た時に、近所の人が「ゴルフですか?」と話しかけてきた。 「乗馬です」と答えると、 「ジョ、ジョーバ?」と二度聞きされた。 乗馬は高尚な趣味、金のかかる趣味と言われたりする。 間違ってもいない部分があるが、馬の手入れなんかをしていると、そうでもないなと思う。 もちろん、動物と…

続きを読む

乗馬クラブの人たち・・・不器用ですから

女性の事ばかり書くとスケベなじじい(当たってもなくはないが)と思われるので、男性の事を書こう。 他の乗馬クラブは知らないが、会員は圧倒的に女性が多い。 夫婦で来る人は、僕が行く曜日でよく出会う組数は3~4組程度だ。 男性陣の何人を知っているかと聞かれたら、なんとなく話したことがある人は5人にも満たない。 <根室のカウボーイ> 勤務地が根室の時は、休みで乗馬に行く時は1日中乗って…

続きを読む

乗馬クラブの人々・・・出会い

よく、ここの人たちは皆いい人ばかりですなどと言う発言は信用していない。そこには、その人自身の本当の評価などないのだから。 もちろん、形ばかりの付き合いの場で発言しなければならない時はしかたがないが。 他人を評価する時に公平な判断を要求するのは間違いだと思う。 私はあくまで私の主観で判断するし、私の思いこみが間違いかどうかなど気にしてはいない。 ただ、そのことで誰かが傷つくとしたら(自…

続きを読む

シニア乗馬、本日で184鞍。騎乗した馬の数20頭です。

今日、改めて自分の騎乗した馬を調べたら、20頭です。 2010年7月8日に、モモセで初騎乗。 56歳からの挑戦です。 観光牧場や外乗での乗馬は3回ほどあるが、レッスンとして騎乗したのは上記が最初です。 ①ロイヤルコンサート・・・初めてのレッスン馬だ。軽速歩もなんとなく出来たが、馬の高さから見る視野の広さ・視点の高さが気に入った。 死んだと言う話を聞いた。 ②ウィンギガシャトル・・…

続きを読む

馬術部ではなく話術部です

「馬耳東風」で一番受けたのは、この話術部の話です。 長年の連れ合い曰く 「何年もモモセに乗馬に通っているけど、乗馬の話は全然しないよね。そのかわり、モモセから帰ってくるとモモセに来ている女の子の話ばかりするけど、本当に乗馬を習っているの?乗馬をしないで話術を磨いているんじゃないの!」 というごもっともな指摘です。 まさに、馬術ではなく話術を磨いていると言えます。 でもね、中年と…

続きを読む

<馬耳東風>はやめました・・・

<馬耳東風>はやめました。 紙媒体だと管理・保管が面倒です。また会報を印刷しても捌ける枚数が予測つきません。 それで、やめました。 <馬耳東風>という名称も使いません。 何故なら、以前からあった自分のブログに付け足す形にしたからです。 それで、名前も新しくしました。 乗馬クラブは、自馬を所有している方、競技会への出場を目指して練習している方、趣味として乗馬をしている方と、それ…

続きを読む

乗馬クラブにようこそ!

「モモセライデングフォーム」もしくは<チキンのモモセ>への入口です。 http://www.momoserf.com/contents/chicken/ 僕はシニア世代で、56歳からこのモモセで乗馬を本格的?に始めました。 馬上での目の高さの爽快感がいいですね。 また、仕事でバイクに乗っていたので、馬の速さには最初から慣れました。 馬を操作するというより、暴れん坊将軍の…

続きを読む

29鞍目でようやく<駈足>

東京近郊の人のブログを読んでいたら、池袋駅から送迎バスで1時間半弱をかけて、乗馬クラブへ。 そこで、1日で2鞍程度を乗って帰ってくる。しかも、部班の人数は4~6名。 それに比べると、車で10分で乗馬クラブ。 一定のレベルになるまでは、他の人と部班を組めないからマンツーマン指導。 なんという贅沢さ! シニア乗馬もようやく<駈足>を始めた。 駈足の方が<速足>に比べると、上下動が…

続きを読む

乗馬日記②

乗馬をするためには、観光乗馬に行くか、乗馬クラブに行くしかない。 教えて貰うなら、乗馬クラブだが、入会金や年会費、月会費を取るのが普通だ。 その他に、指導料や騎乗料みたいな料金システムだ。 自分で馬を持っていて、或いは共同で所有する人たちも意外といる。 ただ、馬を預託する形だから、預託料が月数万円かかる。えさ代が別料金なのかは分からない。

続きを読む