甘~い声に弱いんです

毎週木曜日は、近くの体育館での太極拳講座です。 今年の第二期は、4月1日からの始まりです。前回の第一期も、女性の先生だったようです。 男性の先生のときは少し緊張感がありましたが、女性の先生でしょうか、それとも教え方のせいでしょうか。のんびりと眠くなります。 前回も来ていた方が、「どうしてたんですか」と僕の体をトントン叩いて尋ねます。この方は初回の4月1日はお休みだったようで、第二期でははじ…

続きを読む

恋遊び 歌遊び

『万葉の詩情』吉野秀雄著、彌生書房刊。 あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る 題詞、 天皇、蒲生野に遊猟(みかり)し給ひし時、額田王の作れる歌 この天皇とは天智天皇です。「日本書紀」に、この時の狩りの記事があります。狩りといってもこの時期(旧暦5月5日)は、薬狩と言い、宮廷の御料地へ行って、薬草とか鹿の角を拾うのです。上記の本では、「野守は見ずや」を標野(しめの)=他のものが立…

続きを読む

天皇の仮廬はキャンプじゃなくて京(みやこ)ですか

『万葉の詩情』吉野秀雄著、彌生書房刊。 秋の野のみ草刈り葺き宿れりし宇治の京(みやこ)の仮廬し思ほゆ 額田王の歌とあります。女性です。現代語訳としては、「あの秋の野のススキを刈って、そして屋根を葺いて宿りました宇治の京のあの掘立小屋が思い出されます(懐かしくという思いも込めて)」というような内容です。 上記の歌には、宇治の京(みやこ)と歌っていますが、この当時の都が宇治にあった訳ではありま…

続きを読む

勝手にラスタバン

ソフトバンク携帯でのCMに、「勝手にナントカ」という文句がありますが、久しぶりの乗馬レッスンもそんな感じです。 この日に騎乗する馬は、ラスタバン。若いときは周囲の物音に敏感ですぐに走り出そうとしたときもたまにありましたが、今は違います。 もともと上下動が少ないので、乗りやすい馬です。 僕自身は久しぶりですが、勝手に走ってくれます。蹄跡も外さずに速歩も駆歩も走ってくれます。 まさに、勝手に…

続きを読む

「なんかいい事ありましたか」

「イタタ」右肩の痛みで夜中に目が覚めました。 夜間頻尿もあって、夜には一度か二度は起きるのですが、今日は肩の痛みでというか、目が覚めた時に肩の痛みを感じました。はじめてではないので驚きはないのですが、昨日の乗馬のせいでしょうか。 昨年の11月18日が最後の乗馬レッスンになっていました。ということは、約5カ月近く、正確には4カ月半近く乗馬レッスンから遠ざかっていたことになります。 今年は、冬…

続きを読む

歌を英語でエアー

『長崎ぶらぶら節』なかにし礼著、文藝春秋刊。 古賀は感慨深げに首を振った。 「間に合うてよかったですねえ」 「歌の不思議たい。歌は英語でエアー、フランス語でエール、イタリア語でアリア、ドイツ語でアーリア、ポルトガル語でアリア。つまり空気のことたい。歌は目に見えない精霊のごたるもんたい。大気をさ迷うていた長崎ぶらぶら節が今、うったちの胸に中に飛び込んできた。これをこんどうったちが吐きだせば、…

続きを読む

アメリカの51州の国

『悼詞』鶴見俊輔著、SURE刊。 >「ブライス・デウィット」(物理学者)ー私的な文章 私は、現状認識としては、今の日本はアメリカ(というよりは)U・S・Aの腹の中にいると感じる。戦前、というのは、1905年以後のことで、そこからの百年の日本の航跡として見ると、はじめはアメリカの政策に反対する人も、何か理由をつけて、アメリカの日本政策によりそってゆくだろうと思っている。 マンガ賞の受賞作品に、…

続きを読む

まだ午後九時を過ぎたばかり

今日の朝食は喫茶店のモーニングで済まそうと、昨日から決めていた。それで、朝の9時半過ぎには家を出て「むさしの森」に向かった。帰りには通り道のスーパーにもよるつもりなので、マイバッグと喫茶店で読む本をリュックに入れていた。 わが家のブームは、なかにし礼。 それで、リュックに入れた本もなかにし礼の「兄弟」と「長崎ぶらぶら節」の二冊。 なかにし礼が亡くなってからBSでは特集番組が何度か放送されて…

続きを読む

ようちえんいやや

姪っ子の子どもが年中さんになり、ひらがなやカタカナに興味をもってきたとメールに書いていました。幼稚園も行きたくない時もあるのじゃないかと思います。 この本は、登場人物の子どもたちが幼稚園に行きたくないと次々と駄々をこねます。でもでも、最後に本当の理由が書いています。 今日は一日中、お母さんと一緒にいたいんだというのが理由です。 平仮名を書く練習を始めたそうです。早生まれなので、体力・知力と…

続きを読む

来週からは馬に乗れるかな

今年の雪解けは例年よりも早いようで、乗馬クラブの馬場もほとんど雪がなくなりました。 今日、乗馬クラブの馬場を見に行ったついでに、11時からのレッスンを眺めていました。 他人の乗馬姿勢を見るのは参考になります。 常歩(なみあし)というゆったりとした歩様は、馬の肢の動きをじっくり感じることができます。馬の肢の運びというのか、八の字に肩・腰と動いているのを感じることができます。 これが速歩(は…

続きを読む

久し振りの太極拳講座です

昨年の12月の半ばから講座に通うのを控えていたのですが、4月からまた始めました。 1月からも続けて通っている人に聞くと、結構な数の人が来ていますという返事です。それで、もういいかなと思ったら、札幌も感染者(検査が広く行われていないのだから、コロナ感染陽性の発見患者数と言うべきだと長嶋一茂がテレビで喋っていましたが、なるほどです)がなかなか減りません。 4月からの申し込み人数は26名。 でも…

続きを読む

姪っ子の子ども

今日は、姪っ子の子どもから手紙が来ました。 姪っ子の子どもって、呼び名を一度調べたのだが覚えていない。 4月から幼稚園の年中さんになると書いていたけど、何歳児のことだろうか。年長さんはよく聞けど、年中さんという呼び方もあるんだ。 お母さんが練習させて書かせたのだろうが、以前送ったお菓子のお礼の手紙だ。写真でしか成長を見ていないが、子ども顔はすぐに変わる。 生きているうちに会えるかどうか。…

続きを読む

うるっせいな

朝のルーティンというか、ゴミ出しをして、神棚の水を取り替え、コップをだして、それからテレビをつけます。 つけるテレビは、もちろん羽鳥慎一モーニングショーです。玉川さんの発言を聞くのが日課です。 政府が彼の言辞をチェックしているという報道がありました。特別すごいことを語っている訳ではないのですが、他のワイドショーがあまりに及び腰での発言、予定調和的な言論に終始しているので、尚のこと目立つだけの…

続きを読む

オリンピック見たしと思えどコロナ禍恐し、ワクチン待てば変異種来たる

日本政府は、オリンピックを絶対やるだろうと思います。何故なら、一度決めたことをやめたり立ち止まったりする勇気というか度量をこの国のリーダーは一度も持ち合わせた事がありません。 途中でやめることは、決めたことを続けることよりも責任が大きく問われるからです。 そういう意味では、日本と言う国は戦前も戦後もなんら変化していません。 民主党が政権を取っての末期、野田首相のとき、将来の日本にとっては消…

続きを読む

才能ありと凡人の境

プレバトという番組の人気コーナーが俳句の採点です。 つい最近、<春光戦>と言う名前で、春季のイベントがありました。出演したタレントが提出する句に点数をつけ、順位をつけるのです。 この番組で採点批評をするのが、夏井さつきと言う先生で、俳句甲子園などの開催にも一役買っています。 彼女の添削をみると、さすがと思うのですが、俳句の採点評価の基準に映像が分かるようにというのがあります。まあ、これは彼…

続きを読む

聖火とは消えてはつけてのリレーかな

聖火リレーがスタートしました。なんか免罪符のようにフクシマからのスタートで、白けた感じを多くの人が持ったのではないしょうか。 しかも途中で聖火リレーの火が消えるトラブルがあったり、沿道の観衆が密だったりと、想定外?のスタートだったと新聞報道にありました。 思わず、それでもオリンピックやるの?と誰かれ構わず聞いてみたくなります。 心配だなというのが本当のところではないでしょうか。 もし、強…

続きを読む

嫌いなもの・・・サムライとクイズ東大王

クイズ東大王というのがあるが、クイズですばやく回答するのが知識なのかと見ながら毒づいています。ですから、一度見たきり見ません。 頭がいいという連中に官僚がいます。おそらく小さい頃から神童などと言われてきたのでしょう。でも、官僚の忖度の映像、特に国会中継などでの答弁を見ていると、お前はそんな答弁をするために勉強してきたのかと思わずテレビ画面に向かって怒鳴りたくなります。 役人を目指す最初の動機…

続きを読む

札幌は、積雪がゼロになりました

家から福住のイトーヨーカドーまで少し遠回りをして歩きました。六花亭の裏あたりの住宅街です。 福住にある厳島神社です。どんな繋がりなのか?もしかしたら、広島からの移住者が持ってきたのかな。 今日の夕食は、弁当に、菜の花のおひたしに、茶碗蒸しに味噌汁。すべて出来合いのものです。たまには女房を休ませるために手抜きをします。

続きを読む

イジメられている側の人間がする努力など何もない

昔のレコードジャケットにある山下達郎の風貌を持つ台湾のIT大臣オードリー・タンはIQのテストで測れないほどの天才だそうです。天下のNHKがそう紹介していました。 僕が見たのは、NHKの番組で、又吉直樹とアン・ミカ、それに鈴木福君の三人がクイズの回答者としてでてくるものです。 世界にいる天才と言われる人たちが、どのように答えるのかを予想して回答するのです。 この回は、一人は、台湾のオードリー…

続きを読む

健康ですか

家の近くにある区の体育館でやっている講座で太極拳を習っていることは何度か書きました。 今回のコロナ禍で講座が中止・中断されたことはあったのですが、今年の1月から始まった講座はあんまり気持ちいい感じがしないので自ら行かない判断をしました。それで、4月から始まる講座は受講しようと、同じマンションに住む方に電話をしました。すると、その方は1月からも通っていて、受講者もそれなりに来ていますということで…

続きを読む