勝手にラスタバン

ソフトバンク携帯でのCMに、「勝手にナントカ」という文句がありますが、久しぶりの乗馬レッスンもそんな感じです。

この日に騎乗する馬は、ラスタバン。
若いときは周囲の物音に敏感ですぐに走り出そうとしたときもたまにありましたが、今は違います。

もともと上下動が少ないので、乗りやすい馬です。

僕自身は久しぶりですが、勝手に走ってくれます。
蹄跡も外さずに速歩も駆歩も走ってくれます。

まさに、勝手にラスタバンです。

最初はハミ受けの練習で、少し手綱をきつめに握っていたのですが、最後の方では手綱を緩めにしていたら、勝手にハミ受けをするのです。

勝手にラスタバン!

帰りの坂道を登るときもハミ受けをしたままの状態で登っていきます。

どうなっているの?

ハミ受けをさせようさせようと手綱をピンと張っていたら、反応しなくて、手綱を緩めたとたんに勝手にしだすとは、

ハミ受けはあきらめた時から始まる

"勝手にラスタバン"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: