戸を閉めろよ!何度言えばいいんだ。

前にも一度書きましたが、韓国ドラマを見て一番気になるのが、登場人物が戸を開けっ放しのまま部屋に入ることです。
部屋に入っても、そのままドラマは続いているのです。

僕は戸が閉まっていない状態が気になって気になって、怒鳴りたくなります。
なんて無神経な人たちなんだと。

それが韓国人の気質に関係するのかは軽々に論じることは出来ませんし、韓国ドラマの場合は週2日放映などという過酷なスケジュールのために演じている俳優さんの疲労は大変なものだと想像もできますが、脚本家やディレクターはなんの不自然さを感じていないんでしょうか。

もちろん、セットの建てつけも最悪で、戸を閉めたら周囲がぐらぐらするのは普通で、そんな状態だから場面ごとにいちいち戸を閉めていたらセットが持たないのかも知れませんが、やっぱり気になります。

ネット社会の韓国ではドラマの進行にも注文が来て、登場人物の生き死ぬも変わってしまう例があるようですが、戸の開け閉めは気にならないんでしょうか。

上下関係などを気にする文化があるというのに、年上の人がいる部屋に入っても戸を開けっ放しにしているのが問題にならないのはどこかおかしいぞ。ケンカの場面や人同士が争っているのならまだしも、ラブコメディでも戸を開けっ放しだと百年の恋も冷めると思うけどな~。


"戸を閉めろよ!何度言えばいいんだ。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: