パソコンラックも衣替え?

DSC02718.JPG
本州では梅だよりも届いていると聞きます。
パソコンラックももう少し春の雰囲気を出すべきでしょうか。

DSC02714.JPG
最近届いた絵葉書です。
道展会員の作品です。知人の弟さんで抽象画を得意としています。
題は「冬のシンフォニー」2018年ですが、春のような華やかさと勘違いをします。
彼の住んでいる場所は豪雪地帯の倶知安なので、雪に覆われた家々が点在しているように見ることもできますが、そんな雪に覆われた時期の日差しの傾きにも我々は春の訪れを感じます。

DSC02715.JPG
児島善三郎「少女像」1928とあります。
大原美術館所蔵の作品で、この絵葉書を購入した時は北海道近代美術館での展覧会で披露されていました。
物寂しげで惹かれました。

DSC02716.JPG
パブロ・ピカソ「腕を組んですわるサルタンバンク」1923年
石橋財団ブリヂストン美術館所蔵です。
これも青年のもつ不安と他人を寄せ付けないプライドみたいなものが感じられていい。

正直、絵画のことなど全く知識がないが、なんかいいものはいいとしか言えない。
それがどういいのかは、他人に説明してもあまり意味がないと思う。
僕の心模様だからほっといてよというのが正しい答えかも知れない。

"パソコンラックも衣替え?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: