御不浄

トイレのことを「御不浄」と呼んでいたのを知っているのは何歳以上の人でしょうか。

『学校では教えてくれない戦国史の授業』井沢元彦著、PHP。
戦国大名の誰でもが天下統一を目指して戦っていたと考えるのは真実ではないと書かれています。戦国大名の中で天下統一を考えたのは織田信長だけだという説を主張しています。武田信玄も晩年には天下統一を目指したとも書かれています。

その大きな理由が「御不浄」と言っても過言ではありません。
トイレのことではなく、身分制度とその考え方です。

戦国大名は自分の領地を拡大しようという野望はありましたが、それはあくまで自分の領地であって、天下統一という考え方ではありません。どんどん自分の領地を拡大したらいずれ天下統一がなるだろうというものではないようです。

単純に力だけでなく、まさに名実と共にという事が重要なようです。

まあ金持ちになると名誉や勲章を欲しがる心理と通じるでしょうか。

戦国時代という時代においても将軍は朝廷からの認証が必要だったのです。それは源氏の流れを汲むものがふさわしいという暗黙の了解があります。相手を打ち負かすときに朝廷からの命令があれば傍観を決めていた者たちにどちらに就くべきかの影響を与えたのです。それだけ周囲の者たちの心理に大きく作用したのでしょう。

ここが日本の天皇家の歴史の不思議です。

ただ、織田信長は最後には自分を神として祀ることを考えていたようなのですが、それが本能寺の変を生み出した要因なのかはよく分かりません。上記の本では、四国で勢力を拡大をしていた長宗我部氏との確執が大きな要因ではと書いています。
本能寺の変があった日は長宗我部氏討伐のための出陣が用意されていたとあります。

"御不浄"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: