つわりは人間の生命誌を物語っている

胎児の成長の写真をどこかで見たことがある。

もちろん、胎児だから人間の姿形になるまでは何週も要します。
胎児は羊水の中に育つのですから、肺呼吸をしていません。生まれた瞬間に「オギャー」となくことで肺呼吸が始まるのです。
それまではへその緒を通じて母親から栄養や酸素を貰っている訳です。

ところで、母体である母親がつわりになる時期があります。
5周目頃からと言われています。

人間は受胎した時から人間になるのではなく、海で暮らす時期から陸へと這い上がって行く時期と身体の部位の形態が変化するころが分かっています。
海で暮らすあいだの時期には手には水かきがあり、首にはえらがあります。

まさに、つわりは、海で暮らす生物から陸へと這い上がる時期への成長の時期になると云われています。
胎児の成長を母体が感じるのでしょう。

生命のふしぎでしょうか。

"つわりは人間の生命誌を物語っている"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: