GO-TOトラベル 函館二泊三日の旅日記 その③

10月11日(日)。函館最終日です。
ホテル内にあるコンビニ(ローソン)でサンドゥイッチとヨーグルトを買ってきての朝食です。
金森倉庫群までバスで行き、そこで散策をして時間をつぶして、函館空港で昼飯を食べる予定です。
函館空港発14:45の飛行機。

DSC02641.JPG
明治館は昔郵便局の建物だったのを再利用しています。
DSC02645.JPG
金森倉庫群の前は海です。ラッキーピエロ店もあり、繁盛していました。
DSC02642.JPG

DSC02647.JPG
帰りは市電です。

DSC02646.JPG
DSC02648.JPG
トイレで見つけました。中国語のトイレの説明なんですが、便器は<馬桶>と書くようです。

DSC02650.JPG
函館空港に飛行機が降り立ち、タラップを降りて歩いていたら、制服を着た女性の方が近づいてきて「〇〇さんですね」と聞きます。急に空港従業員の方に話しかけられたので、なにか忘れ物かはたまた預けたスーツケースが破損?と思いドギマギしていたら、前にお世話になった受付カウンターにいた方でした。
比企さんという珍しいお名前の可愛い方です。
その方が、飛行機の旅はどうでしたかと心配されてきたのです。それだけでなく、写真にあるハンカチタオルを二人分くれたのです。
世話になったのはこちらなのです。
丘珠空港で乗るのは初めてだったので、一週間前に空港までの道順と時間を確かめにドライブをして、同時に飛行機の座席予約をしようと思っていたのですが、飛行機の座席が少ないせいか前日じゃないと無理だと分かりました。すると、比企さんが「私が丘珠空港発の座席を予約し、函館空港からの座席予約は函館空港の方へ連絡しておきます」と言ってくれたのです。

まあ、一週間も前の話ですし、座席そのものが少ないので隣り合った座席確保は無理かなとも思っていたところ、ちゃんと隣り合った座席を確保しておいてくれていたのです。
その上に、プレゼントをくれるなんて感激しました。
でも、冷静に考えれば、66歳と67歳の老夫婦が一週間も前に下調べにくるなんて行為は、搭乗受付カウンターの女性にしてみれば不安な二人に見えたのだろうと思います。

それでも、そんな優しさとおそらく自腹を切ってのプレゼントもありがたいことです。
よ~しそれじゃ、と何回も丘珠空港を利用する機会はそれほどありませんが、比企さんからもらったその気持ちを今度は誰かにお返ししたいと
思います。ありがとうございました。

DSC02651.JPG
多肉植物を買って育てていますが、今一歩よく分かりません。
それでというか、こちらのほうが妙に安心します。

最後にお金に話をします。
GO-TOトラベルを利用しての旅行です。丘珠空港⇔函館空港なので40分しか掛かりません。始めて利用して、この時間の短さに改めて驚かされました。
今日見たら、同じ旅行プランが高く設定されていました。
僕ら夫婦が予約した時点では、ラ・ジェント・ステイ函館駅前というホテルに二泊の宿泊で4万円でした。
それがGO-TOトラベル利用で2万6千円になり、クーポン券が6千円分つきました。
但し、このクーポン券が利用できるお店は函館駅周辺だけです。(木古内の道の駅でも可能)そこが少し物足りない部分です。
それでも、実質一人あたり2万円の旅行代金だったことは事実です。助かりました。

"GO-TOトラベル 函館二泊三日の旅日記 その③"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: