<扶助>と言う言葉

乗馬をやっていると<扶助>と言う言葉を聞く。

言葉の意味は、国語的な意味ではなく、騎乗している者が馬に指示を与える手段・方法のことだ。
脚、騎座、手綱の主扶助と鞭、拍車、声の副扶助がある。

僕自身は、馬に指示する事ばかりを意識するあまり、馬とのコンタクトが本当に取れているか疑問だ。
いや、疑問と言うより、一方的にこちらばかりが指示するばかりで、馬の反応をとらえ処理することさえ
していなかったと言える。

正直、駈歩が出れば、出せれば最高としか思っていなかったので、上達のしようがないのだ。

でも、自馬でもないのにレッスン馬とのコンタクトはどこまで可能だろうか?
馬は集団行動をとる動物なので、誰がリーダーかを即座に判断するというから、
騎乗しているものがその馬にとってのリーダーだと思わせれば従うだろうけど、
馬場馬術の細かな指示として有効なのかは分からない。

一日中乗っていたら上手くなると思う。などと言われたことあるけど、一鞍でも疲れる年齢なのに無理だよ。

"<扶助>と言う言葉"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: