「国民というコトバ」

『私の戦後史』松田道雄著、筑摩書房。 「国民」ということばがいつ頃から使われ出したのか、上記の本では、「明治二十年代になって日本のナショナリズムが誕生してくると同時にでてきたのである」と書かれています。 明治元年、京都府が府民に王政復古を知らせる趣意書には「人民告諭大意」という表題がつけられています。しかも、この「人民告諭大意」の本文には人民というコトバはでてこず下民と書いています。しかもご…

続きを読む

コロナ対策と大谷翔平

今日の大谷翔平は、昨日のヤンキーズ戦で2発のホームランを打ちホームランダービートップになっての登板です。 しかもベーブルースが百年前に同じようにホームランダービートップでの登板から100年目にあたるそうで、その舞台はここヤンキーズスタジアムです。 これで、5回もしくは6回まで打者をピシッと抑えたらヒーローです。 でも、現実は残酷で、そんな劇を用意はしてくれません。 もとも大谷翔平は、コン…

続きを読む