またまたラベンダさんへ

DSC02751.JPG
今回の出来事は、ラベンダさんがとらえるようなカスハラや逆カスハラの問題というなんか現代日本にある問題という次元の高いものではなく、なんだかなというていう程度のゆるい話です。

上の写真が最初に到着したヘルメットを装着したものです。
明らかに耳掛けベルトが短いのが分かります。
僕は耳掛けベルトを伸ばす仕組みがどこかにあるのではないと思い、お店に電話をしたと言う話です。(乗馬用のヘルメットはこれで3つ目なので、はじめての買い物ではありません)

DSC02750.JPG
これが交換されたヘルメットです。
すぐに交換してもらえたのですが、前にも書いたように、「そのような苦情ははじめてです」と捨て台詞を言われての交換なので、気持ちがいい買い物ではありませんでした。

僕が掛けた電話は、どうも耳掛けベルトが短いようなのだけど、(伸ばす仕組みがどこかにあるのではと)どうしたらよいかと問い合わせのものです。
そうしたら、写真を送ってくれと言われて、写真添付のメールを送信して1時間ほど電話を待っていたけど、来ませんでした。
それでこちらから再度電話をしたら、あの言葉(「そういう苦情ははじめです」)です。
いやいや、「苦情」じゃないしという思いがあり、冷静に考えれば不良品の交換だった訳で、なんか腑に落ちない思いが残ったのです。

ですから、貴方が書いているような大袈裟な問題ではありません。

このお店は、個人商店のようなものだと思います。何度か利用しています。
馬術競技大会の会場でも、乗馬用品を売るお店がでますが、簡単に行ける距離ではありません。また、乗馬クラブでも品物を取り寄せることもできますが、特別高価なものではないので、ネットの方が簡単なのです。

ネット販売ですから、メールや電話でのやり取りで神経質になるのは理解できますが、貴方が書いたような深いものではありません。

今回は楽天市場経由だったから解決がスムーズだったのではと言う思いがあります。
ただ、楽天市場に出店されているお店は商品送料無料のプレッシャーを掛けられて荒利益の結構な部分の損失を覚悟しなければならないので、今回のような不良品交換では尚のことイライラするのだと思います。
でも、海外の商品の多くは、ユニセックスなので日本人のサイズと一致しない場合が多く、交換の頻度が他の商品よりも高いはずですので、あの対応はどうも納得いかない感じなのは確かです。

ところで、ラベンダさんは、僕のブログに寄り添ってくれるというのか、シンパシーを感じて書いてくれるのでしょうが、なんか面はゆい感じです。
もちろん、誹謗中傷や単純な批判も嬉しいものではありませんが、僕の書く姿勢は、基本、ドリフターズにいた荒井チュウさんの「なんだバカヤロウ」という、気に食わないと思う相手にちょっと肩怒らせる、そんな程度のものです。

公明正大な議論をしようとは一つも考えてはいません。
ただ、「うるせえな」とか「なんだバカヤロウ」という感情を同調圧力や世間のモラルの前で口ごもらせることはしたくないと言う単純な決意でもあるのです。

まあ、カッコよく言うとアウトサイダーであり、簡単にいえば皮肉れ者です。
お釈迦様のコトバで言えば、「ひとり犀のように歩む」という姿勢です。

ですから、貴方が内容を深く難しく把握して、よく分からない言葉を使って語ってくれるのも、なんだかという感じです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ラベンダ

    あら、私そんなに難しい顔しながら話をしてました(汗)。
    結構気軽にコメントしてたのですが(失礼)。まあ後半は余計か。
    それはともかく(苦笑)。
    ヘルメットの不具合は写真を見るに分かりやすいですね。百歩譲って何も知らない第三者視点に立って中立的に発言しますと、客側がサイズの注文間違いをしたのかなと店側が疑ってしまえる要素もなきにしもあらずですが、それは店側が履歴を見ればすぐに解決する話ですし、何より店側の言葉遣いもその後の態度も第三者の私ですらムッとはしますね。リピーターを前提に商売しない店なのでしょうか。

    追記としてもう一つ。
    実はこの前の私のコメントについて欠席裁判的で説明不足もあったことから少し後悔がありまして。
    正確にはツイッターの世界でも例の修羅場的現状(コールアウトカルチャーなど)を危惧する良心ある方達(リベラル•左翼側)も確かにいますし、現在過激化している人達も元々は(今でも)様々な人権問題について真剣に考えていた事も事実です。だからこそリベラル•左翼の現状(変容)については一層ショックも大きかったですが。
    とにかく前回、つまらぬ懺悔と愚痴をこぼしてしまい申し訳ありません。
    2021年07月05日 04:21