万全な対策を講ずる

人間関係の中で言葉が空しく感じられることがある。 相手の言葉が宙に漂うに何の重さもないというのか、あるいは重さを持たないように発せられたのか、僕の胸にも届くはずもなく、この関係はもう続くことはないのだという事だけがリアルに自分に突き付けられて、僕はしょうがないので、その言葉に少しばかりの粉飾を施して受け取ることにして、その場を収めるのだ。 言葉が行き先を失って宙に漂ってしまうことあるが、コロ…

続きを読む