僕があなたに出来ること

夫婦とも65歳以上なのですが、いまだワクチン接種をしていません。 大規模接種会場も出来たと言う報道がありましたが、出来れば家の近くの病院をと女房が通っている病院が「かかりつけ医」に該当するのではと考えて、接種券が到着してから電話で聞いてみました。 すると、予約ができるということで、しかも僕の方もOKとのことです。僕の場合は、健康診断やインフルエンザ接種程度で通う程度でしたのでほっとしました。…

続きを読む

乗馬日記・・・熱中乗馬

今日は、今季はじめての半そで乗馬です。一応は安全のために長袖のものを着用するようにしているのですが、これからの時期は気温との兼ね合いになります。 札幌では最高気温26℃~27℃程度なので、何を大袈裟なと言われそうですが、半袖で正解でした。しかも首には冷却タオルを巻いての万全な装備です。 今日の気温は7月下旬ころの気温だと気象予報士がラジオで話していました。 本州の親戚にもメロンの発送もしま…

続きを読む

日本陸上選手権・・・素人解説

100メートルの決勝を見ましたが、多田選手の優勝で決着がつきました。オリンピックの選考会も兼ねていたので、多田選手は自動的に100メートルへの出場権を得ました。 誰もがオリンピック直前のレースとして注目をしていたのでしょうが、当日の雨、しかもテレビ放映のためか夜のレースだったせいか、タイムは期待はずれでした。 まず準決勝でケンブリッジ飛鳥選手が敗退します。解説をしていた高平が、今回の彼の走法…

続きを読む

「松田道雄」という時代

先日、北海道新聞の日曜版の図書紹介ページを見たら、何年かぶりに再版される松田道雄の本が紹介されていました。 今の人に松田道雄という人がというより彼の著作がというのが正しいのですが、どのように受けとめられているのか気になりますが、何故いま再版なんでしょうか。 1908年 茨城県に生まれる1932年 京都帝国大学医学部卒業      医学博士、評論家 『日本知識人の思想』という本の最後にある著…

続きを読む

民間の活力

コロナ禍で見せた日本政府の醜態ぶりをいちいち書くのもうんざりだけど、これは政治家の劣化だけでなく政策の実行を行う官僚の劣化なんだろうと思う。 政治家の右往左往ぶりに辻褄を合わせようとするからどつぼに嵌ってしまうのだ。 ただ、コロナワクチン接種で地方自治体や政府主導の大規模接種だけでなく民間企業でも手をあげればワクチンを供給しますということで、手をあげて独自にやる企業が出てきていることに期待感…

続きを読む

ナンプレ老人

ナンプレ老人と書くとナンパプレーしているちょい悪エロ老人なのかと勘違いされるかも知れないが、何のことはない「ナンプレ」とか「数独」とかいうゲームがマイブームなんです。 しかも、夫婦で2~3時間は普通で、長時間となるとお昼を食べた後夕食までとそれから夕食後もと5・6時間は平気でやることもあります。 数字を扱うゲームだから数学的頭脳、いや算数的頭が必要なのかといえばそんな事なく、少しの根気と注意…

続きを読む

乗馬日記・・・さあ、歌ってもらいましょう

   夢はハミ受けか 曲は、藤圭子の「圭子の夢は夜開く」でお願いします。 (一番) 週一乗馬も十一年 今じゃクラブも古株よ お喋りだけはベテランで 馬よどこへ行く (二番) 今日はチュチュかジャスパーか 明日はカウウェラ ラスタバン ナイトバロンも控えている 夢はハミ受けか (三番) サクラに小雪に大五郎 ブレーヴだって待ってます いつでも元気なポニーたち 初心者たちの味方です (四番)…

続きを読む

老いとは何か

今のところ、自分で自分の老いを自覚することはそれほどない。もちろん、体力の衰えはあるのだろうが、定年後の自分の方が仕事をしていた時期よりも身体を動かしている。 ただ、いつかは死ぬだろうと思う。もしかしたら、死は明日にでも或いは今日のどこかにでも突然訪れることがあっても可笑しくはないなと思っている。 今のところは健康だ。(よく分からない。起きる時に身体のあちこちが痛いことはあるが、それがなにか…

続きを読む

大谷翔平病ですか

定年になり、尚且つ再雇用も終わってフリーターなんて聞こえはいいが、内実は無職の高齢者です。 もともとテレビっ子なんですが、大谷翔平がメジャーリーグ選手になり、それに伴ってBSで試合をライブ中継をするようになってから見るようになりました。 1年目は二刀流のお披露目ということで上出来だったのではないでしょうか。しかし、2年目は肘の故障と手術という投手としての大きな経験をして、今後の活躍に不安が残…

続きを読む

オリンピック開催は、日本国民を実験台にしますと言う宣言なんでしょうね

「国民の命と健康が守れなければオリンピックは開催しません」と誇らしげに話していたのは菅首相ですよね。 遅まきながらワクチン接種が進んでいることで、菅政権がオリンピック開催のために何か有効な方策をしているかのような気持ちになっているのかも知れません。でも、先進国という枠組みで言えば、「日本は最低ですから~」とギター侍のように叫ばねばなりません。 日本の感染者数の低さがなにか自分の手柄のように言…

続きを読む

乗馬日記・・・楽しみは駆け足とともにやってくる

上の丸馬場でのレッスンから柵のない下の大きな馬場でのレッスンに移行した方が、常歩・速歩そして駆歩までを出した時などは、すごく楽しそうな顔をします。そして、本人の口からも、乗馬の楽しさを語り出したりします。 やっぱり、駆歩(かけあし)まで出せるようになると、満足感はだいぶ違います。 僕自身も最初の頃は、「暴れん坊将軍のように颯爽と馬で駆けてみたい」といっていました。でも、あれって、駆歩というレ…

続きを読む

乗馬日記・・・欠点は長所に、長所は欠点に

習い事に慣れると、その次は上手になりたいと言う欲求です。もちろん、目指すべき先がどこにあるのかによってその道のりは違ってきます。 乗馬日記と書いていますが、ゴルフの話からします。ゴルフを始めてから、いろんなレッスン本を読んでいて、田原という人の本に出合いました。社会人として自動車販売の営業をしていて、後にプロのトーナメントまで出場したのです。確か1970年代のANAオープンでの2位が最高成績で…

続きを読む

ワクチンのGO-TOキャンペーンはじめました

なんなんでしょうか。 総人口から言えば、全国的な規模に近い人たちの地域を対象に緊急事態宣言が発令されて、その地域からあるいはその地域への往来は「自粛」して下さいと訴えているはずなのに、東京・大阪にある大規模接種会場のワクチン接種の予約数が全然いかないので、全国から来てくださいと呼びかけています。 今度はワクチン接種を利用したGO-TOキャンペーンですか? 時の政権のドタバタぶりを批判するこ…

続きを読む

わ~い、幼稚園にある本と同じだ

4歳になる姪っ子の子どもに絵本を送ったら、姪っ子から子供が喜んでいましたとメールがありました。 でも、それって、幼稚園で一度は読み聞かせで接した絵本という事なんじゃないのと思い、ちょっと複雑な気分です。子どもにしたら、幼稚園にある本が自分のものになったという喜びでしょうか。 ところで、絵本を買った本屋さんに年齢別お勧めの絵本の紹介冊子が置いてあり、ご自由にお持ちくださいと書かれていたので、絵…

続きを読む

ラベンダさんへ・・・右往左往する民衆は自分自身です

いつもこのブログにコメントを下さるラベンダさんの口調がいつも何かに憤っているので、まあまあと宥める感じになるのですが、あなたの怒りの根底にあるグローバリズムには共感しています。 人間はその日の自分自身の衣食住に困りながらも、どこか遠くで起きている出来事に心奪われ、心配し悲しみまた憤ることができます。それが「社会性」なのかはたまたグローバリズムの感情なのか僕にはよく分かりません。 ただ、僕自身…

続きを読む

札幌では三岸好太郎美術館が建っているんですが

北菓楼というお菓子さんの30周年記念行事として三岸好太郎・節子展が開催されるようです。女房は自分が応募していたのを忘れていたのですが、その展覧会の招待券が届きました。半券をもってお店に持っていくとバームクーヘン1つを頂けると書いています。 札幌では何故か三岸好太郎美術館が道立近代美術館の近くにあるのですが、僕が読んだ「活躍する日本の女性たち」?みたいな題名の本では奥さんの三岸節子さんの…

続きを読む

生協へお使いに

今日はお掃除の日なので邪魔なのでどこかへと行きます。 太極拳の仲間に、女房が週に2・3度は家の大掃除もどきをするので邪魔だからどこかへ行けと言われて太極拳に来ているんですと言っていたのですが、女房はそんなことは言っていないと証言を翻しています。 でも、趣旨は同じようなもので、掃除の邪魔になることは事実のようです。そこで、今日は生協へ、お米とワインを買いに行きました。 お米は「金芽米」という…

続きを読む

ラベンダさんへ・・・人権と「自由」について

コメントに書かれていた内容があまりに政治的に深いのでコメントでの返信ではどうにも収まらないような気がして、こちらにしました。僕も政治的な話は嫌いではありませんが、床屋政談のレベルを超えるほどの知識と知見を持っていないので、議論を深めることができるかどうかは約束できません。 あなたの言うイスラエルが「20世紀の植民地国家」だと言う指摘は、分かりそうでよく分からない用語です。イスラエル建国の歴史を…

続きを読む

乗馬日記・・・素人が素人に聞いてどないすんねん

始めからおかしな関西弁ですんまへん。風呂上がりにビールを飲みながらのブログになります。 騎乗スタイルというのか歩様に合わせた乗り方というのか、軽速歩というものがあります。レッスンでは立ち上がって下さいと言われますが、座りを抜いて下さいとも言われます。 騎乗している人間にとっては鐙に立つように鞍からお尻を離すのですが、馬にとっては同じ重さでも背中に掛かる重さ分が軽減されるので、重さが一瞬なくな…

続きを読む

ケガとは身が穢れることなんでしょうか

NHKの「チコちゃんに叱られる」でケガの漢字を書いて下さいと言われてMCの岡村もゲストの人たちも正確には書けませんでした。 怪我 怪しい我と書くのですね。これは当て字で、もともとは汚(けが)るが語源だそうです。 意味も、①思いがけないあやまち。そそう。過失。②負傷。③不測の結果。偶然。 <怪我勝ち>という言葉もあり、その意味は強い相手に偶然に勝つことだそうです。日本の精神文化には、このケ…

続きを読む

これからのスケジュール

65歳以上の高齢者にとってワクチン接種が今のところ喫緊の課題な訳で、コロナウイルスから身を守って下さいという政府からの感染予防の要請は何を言いたいのか耳を疑ってしまいます。 小樽ではすでに予約を完了したと友人夫婦から連絡がありました。それにしても小樽の人口が11万人台になったと言う報道には驚きました。僕も女房も若い時代は小樽に住んでいて、その人口20万人に近かったと思います。 まあ、とにもか…

続きを読む

アスパラのオシッコ

立派なアスパラガスを頂きました。駐車場のお隣さんです。寿がきやの麺つゆも一緒です。 この寿がきやの麺つゆは女房が気に入って近くのお店からデパートまで行って探しましたが、ありません。どうも本州の地域的な産地のものなんでしょうか。北海道は昆布がとれますのでどうしても出汁はそこらへんが主になるのでしょうか。 アスパラは時季のものですね。スーパーでは安いものをと細っこいもので我慢していましたが、1.…

続きを読む

万全な対策を講ずる

人間関係の中で言葉が空しく感じられることがある。 相手の言葉が宙に漂うに何の重さもないというのか、あるいは重さを持たないように発せられたのか、僕の胸にも届くはずもなく、この関係はもう続くことはないのだという事だけがリアルに自分に突き付けられて、僕はしょうがないので、その言葉に少しばかりの粉飾を施して受け取ることにして、その場を収めるのだ。 言葉が行き先を失って宙に漂ってしまうことあるが、コロ…

続きを読む

乗馬日記・・・基本ってなに?

だいたいが基本ってなに?と考える始める頃は迷っている時期で、そのことを突き詰めたからといって先の見通しが立つものじゃないんだ。 でも、やっぱり悩んだりするんだよね。 正直、スポーツというか健康法というか、そんなつもりで乗馬を始めた。ただ、それでも上達したい上手くなりたいと言う欲求は生まれてくる。 競技会を目指している訳ではないのだから、そこはいい加減でいいはずなのだが、馬を自在に操るという…

続きを読む

乗馬日記・・・睾丸の美老人?

レッスンが終わって馬装を解き、皆が馬を洗っています。僕はといえば、引き続きのレッスンで同じ馬が使われるので手持無沙汰で、馬を洗っている皆の冷やかしです。 あれっ、この馬の顔の流星はラスタバンのようだけど、ラスタバンだったら後脚が少し腫れ気味なんだけどなと喋っていたら、隣のノブ君が「ホルボッシュです」と答えます。 しかもそれに続けて「〇〇さんは、女性のことはすぐに覚えるのに、馬のことは全然覚え…

続きを読む