歴史と出来事

『いま戦争と平和を語る』半藤一利 井上亮遍、日本経済新聞出版社。 >もう一ついけないのは、近衛文麿が政府と軍部との合同会議を開くということをやりだした。のちに「戦争指導会議」になる「大本営政府連絡会議」です。あの連絡会議というのは政府と軍部が対等の立場だから、軍部が従だとはならないんですね。そこで連絡会議の決定は、どちらの主導か曖昧のまま、国務と統帥の一致した決定ということになる。この会議の結…

続きを読む

一億総自粛、一億総マスク

ついこの間までは緊急事態宣言の発動をなどと騒いでいたのが、今度はその前段があって、まん延防止措置の適用を申請するかどうかが議論されるのだという。 緊急事態宣言とまん延防止措置の適用がどう違うのか、よく分からない。皆が言葉遊びをしているようにしか見えない。 だってやることはといえば、飲食店の時短営業を午後9時まで許していたのを午後8時までにするとか、他府県への移動往来の自粛を希望するとか、マス…

続きを読む

パパが見ています

マスターズでの松山英樹の戦いぶりを見ていたら、現地のリポーターが盛んに「パトロン」がと言います。 えっ、何? よく聞いていると、どうやらゴルフプレーをそばで応援観戦している人たちをそう呼んでいることだと気が付きます。確か、これまではゴルフ場の観客をギャラリーと呼んでいたはずです。 いつから、「パトロン」と呼び始めたのでしょうか。 もともと欧米ではゴルフ場の観客を「パトロン」と呼んでいたけ…

続きを読む