お心入れ

『あなたに褒められたくて』高倉健。

茶室には掛け軸とかお菓子と様々な仕掛けのようなもの配備されて、お客様をお迎えするそうです。
それはお客様をどのようにお出迎えするのかという主人の側の心意気のようなもので、それを露骨に示しても品がありませんが、お邪魔するお客さん自身が、そういうおもてなしを感じとるアンテナがなければ全てが台無しになるというものでもあります。
ですから、一種の緊張感があるのです。

今流行の、これはどこそこで取れました貴重なものですとか、どこそこの外国のブランドでなどと説明するたぐいの、☆幾つとつけばそれで満足する仕組みとは一番離れたところに位置します。

これは、他者へのプレゼントにも通じるかも知れません。

相手がすぐには買えないものを贈るのもプレゼントでしょうが、相手を思いやっていろいろ考える過程そのものがプレゼントの一部のような気がします。
それが分かる相手かどうかも問題でしょうか。

とすると、プレゼントを贈る前に、相手を選ばなければなりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント