来週からは馬に乗れるかな

今年の雪解けは例年よりも早いようで、乗馬クラブの馬場もほとんど雪がなくなりました。

今日、乗馬クラブの馬場を見に行ったついでに、11時からのレッスンを眺めていました。

他人の乗馬姿勢を見るのは参考になります。

常歩(なみあし)というゆったりとした歩様は、馬の肢の動きをじっくり感じることができます。
馬の肢の運びというのか、八の字に肩・腰と動いているのを感じることができます。

これが速歩(はやあし)になると、前にというより斜め上にでるような動きに感じられます。
馬によってはこの上下動が強く感じられ、乗っている人にとっては反動がきついと感じる動きになります。

傍から見れば、それはリズミカルな動きに見えるかも知れません。
脚さばきからすれば、前脚と後ろ脚が対角線で結ばれる形になっているからでしょうか。

これがドサンコという馬の場合は、右前脚と右後ろ脚が同時に動く側体歩をいう動きをしますので、上下の反動が少ない動きになります。

ですから、駆歩(かけあし)で走るよりも、腰を鞍に落とした正反動での速歩のほうが難しい歩様なのです。

正直、駆歩をだしてホッとしている自分がいますが、同時に馬に負担をかけているような駆歩をしているんじゃないのかとも思います。

馬も気持ちよく、乗っている者も気持ちよく、そんな理想を考えているんですが、どうかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント