私の宝物を、あなたに

『あなたに褒められたくて』高倉健、集英社。

「私の宝物を、あなたに」にしていますが、「私の宝物を、あなたへ」とどちらがいいのだろうかとも迷いました。
助詞の使い方で印象が違ってくるからです。

「~へ」と書くと、方向性のような使い方が思いつきます。
「~に」と書くと、場所や地点の意味合いが強くなるように思います。

『あなたに褒められたくて』高倉健、集英社。
図書館で見つけたのですが、著者名が高倉健とあったので、ちょっと疑問符が浮かんだのですが、彼が書いたエッセーではなく、どなたかが彼の話したことをエッセー風にまとめたもののようです。序もあとがきもなく、その辺の事情は書かれていませんでしたが。

「内蒙古の赤ん坊」
1990年の7月末から8月にかけ、内モンゴル地区で開催された第十四回日中映画祭での出来事です。
1990年と言えば、天安門事件があっての一年後です。
それ故か、厳重な警備がしかれていて、どこに行くにもパトカーが先導し、会場内には公安・SPに私服警官も含めて50人近い人たちが常に周囲を取り巻いています。

そんな中、「インタビューを終わって席をたつとある女性の人が、こうなにかポッと絵ハガキみたいなのくれたんです。僕は絵ハガキでもくれたのかなあって、「どうもありがとう・・・謝々(シェシェ)」なんて言って、部屋に戻って見たら、赤ん坊・・・とっても可愛い。赤ん坊の写真の裏に、こう書いてあって。

  ?是我的宝宝。願他至純至真的笑容帯給你一个美好的祝福。

意訳をすると、「私の祝福を。私は一番の宝物を高倉様にあげたい。私の赤ちゃんの写真、いつも身につけて離さないもの。(写真は三カ月になる赤ん坊のクローズアップ。天真爛漫な笑顔)息子の笑顔と一緒に貴方の健康とこれからの人生の幸せを祈ります」

中国は一人っ子政策を取っているので、子どもはそれこそ宝物で、その宝物の写真をあなたに見せたい、そのことであなたの健康と幸運を祈る私の気持ちを伝えたい。そして、その思いが伝わったのなら、写真を返して欲しいというのです。
何か品物を外国人である者に渡すことの危うさがここにあるのです。

この時期の内モンゴルの状況がどのようなものだったかは分かりませんが、市民の行動制限もあったようです。それでも映画「君よ憤怒の河を渉れ」を見て高倉健のファンになった女性がなんとかその気持ちを伝えようと友人の女性記者を通して渡したのです。

このプレゼントに日本人スタッフ全員が泣いたそうです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント