婚約と援助交際

秋篠宮家の眞子さまと小室圭氏との結婚の障害となっている問題について、小室圭氏が4万字に及ぶ説明の文書をマスコミに発表されました。

僕はその全文を読んではいないのですが、ご結婚問題が若い二人の問題にとどまらず、国民の関心事になっているのは異常な事のように思います。
確かに、眞子さまは民間人とご結婚をされた場合は戸籍を取得し、皇族を離れるのですが、その際の支度金として1億数千万円が税金から使われるということなので、税金の使い道に文句をいうのは理解できます。

でも、やっぱり問題の本質は、小室圭氏の母親と元婚約者とのトラブルの話が中心なので、それをもって二人の結婚問題を語るのは違うでしょうね。

誰もが不思議に思ったのは、母親が元婚約者から付き合っていた時に援助していたお金を返却せよと言われたときに、銀行からでも借りて返却すれば済むんじゃないのかと安易に考えていましたが、そうすると、自分たち親子が借りていたお金をすぐに返さない不道徳な親子だとレッテルを張られるから、そうしなかったのだと書いているようです。

法律的には、お金を返すことは借金をしていたことを認めることになり、あれは母親が婚約中に相手側の好意で用意したお金であって、借金ではなく、その言質も録音として記録しているというのです。

その辺がどうも、気持ち悪い部分です。

婚約という事は、将来あなたと結婚をする意思がありますと宣言するものです。
ただそれは、将来にわたって確定されたものではありません。
心の問題ですから、相手を嫌になったり、何らかの障害が二人の間に生じて上手くいかなくなることも考えられます。

小室圭氏の説明文書にも書かれているという話です。
小室圭氏が高校生か大学生の時にアメリカへ一年間の留学を申請したとき、預貯金残高が少ないと許可されないと分かり、母親が婚約者に頼んで200万円を貯金口座に振り込んでもらったという話です。
留学が認められたので、母親が相手に振り込んでもらったお金を返却しますと言ったら、当座の生活費にでも使ってくれと言われたので、この金は借金ではないという主張です。

確かに、金銭貸借の証書を取り交わした訳でもなく、お金を返しますと言われて生活費に使ってくれと相手が話しているんですから、借金ではないという理屈は通ります。
でも、これって婚約中の男女の会話ですよね。
母親が、婚約中に相手にどのように話していたのかは想像でしかありませんが、僕だったら元婚約者と同じように、お金は返さなくていいから生活費にでも使ってというでしょうね。
だって、預貯金の口座に200万円程度のお金もない状態で子供を留学させているんですから、生活が大変だなと心配するはずです。
後に結婚をすれば、それでチャラになるという感覚はあったと思います。

それがどういう経緯なのかは分かりませんが、子どもの相手が皇族でという話がでてきての婚約解消なのか、その辺の事実関係の前後がはっきりしませんが、男の側がなんだよと怒るのも分かるのです。

今まで、自分を都合よく使っておいてという感覚が男の側に起きたんじゃないかなと推測できます。

でも、所詮は男女の仲です。
悪い女に掴まったと観念するしかないのではないでしょうか。

小室圭氏が法律的には問題はなく、自分たち親子はあることないことマスコミなどに言われてきた書かれてきたというのも正しいのですが、やっぱりそれだけは済まないような印象を受けます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント