床屋さんの病気 その②

通っている床屋さんの症状について書いていたが、素人である僕には症状の正体など分かるはずがないとそう思っていた。でも、テレビを見てこの病気じゃないかと考えた。 パニック障害。 床屋さんは、めまいや動悸がして、立ってもいられなくなるという症状を話していた。病院での検査で脳動脈にこぶのようなものが見つかって、カテーテル手術でその瘤にコイルを詰めたとは聞いた。だが、その後も動悸がいつ起きるか不安で、…

続きを読む

式場先生、キリストは偽物なんだな

『会えてよかった』安野光雅著、朝日新聞出版。 ・鶴見俊輔の章である。 「ちくま哲学の森」シリーズでの編集会議で、カントの『純粋理性批判』だったかを入れてはどうかと鶴見が提案した。他のメンバーは哲学のシリーズとは言え面白いものを入れるべきで、カントはどうかなという反応だった。ところが鶴見は「自分の考えていることと違うから入れたいんだ、自分の守備範囲だけで哲学を構成するというのはイヤなんだ」という…

続きを読む