ニオイに惹かれて・・・

人間が異性を求める時に何をもってするのかという研究でニオイというものがあった。

異性に求めるニオイは、自分から(自分の民族とか人種とかを含めて)遠いニオイを求めるのだという研究結果がでた。
その理由として、優秀な子孫を残すためには、近親交配からいかに遠くにあるのかが重要らしく、ニオイの面においてもそれが立証されたとあります。

『JAFMate』4月号の「おたより王国」の今月のテーマが<恋の思い出>で、そこに掲載されたものから抜粋しました。

・運命のにおい・・・恋愛に失敗し、「しばらく恋はしない!」と決めて2年ほどたった20代後半の頃。略 ある日、職場に気になるにおいが。
臭いわけではない、いいにおいというでもない、でもなぜかドキドキする・・・。
 最初は気のせいと思っていましたが、ほぼ毎日におう。

この女性は、そのにおいを追求して、においの元を突き止めたのです。
それは一年前にその会社に入社した男性です。それが縁かどうかは分かりませんが、その後ゴールイン。

ニオイが決め手となった例でしょう。
性的なニオイとして感じたのか、それとももっと深い生物的な感受性としてニオイを感じ取ったのか、面白い投稿です。

でも、こんなに赤裸々にニオイのことを書けるのはすごいことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント