ヤマトは何故、「大和」と書くのか

ヤマト民族とか大和朝廷・大和時代と言うが、古代の人は自分たちを「ヤマト人」と名乗っていたのだろうか。

古代の歴史ですが、字を持たない日本には古代に関する文書がありません。
やっぱり、中国の文献に頼ることになります。「魏志倭人伝」と言われるものが「日本」のことを書いている最古のものだとなっています。

「倭」の国と書かれていますが、自分たちを「倭」人とは言っているとは思えません。
何故なら、邪馬台国という国の名前が出て来るからです。他にもいろいろな名前の国の名前が出てきます。

魏に貢物を持って行った使者が、お前たちはどこから来て、どのような風俗習慣があるのかと問われるのに対し、「自分の国では」というのを「わの国は」と話したことが、「倭」になったのだという説もあります。

この「倭」という字ですが、意味からすれば「背の曲がった低い人」というもので、中華思想的命名であることが分かります。

一方、国名として記載された「邪馬台国」ですが、これをヤマタイコクと読んでいるのは、あくまで日本語読みであって、当時の中国読みでは「ヤマドコク」ではなかったかという指摘もあります。

とすると、自分たちの国を「ヤマト」と呼んでいた可能性もあります。

ヤマトの当て字として、辞書では「山処」が出てきます。
日本の地形を考えれば、山々のすそ野あたりとか盆地のあたりに都ができています。
そういう意味では、ヤマトが山に関係することは当然のような気がします。

また、日本の神話では、神は山に降り立ったとあり、山は神聖な場所で、その山のある国と言う意味も「ヤマト」には含まれているのではないでしょうか。

しかし、それが何故「大和」という字を使うようになったのかというと、僕は聖徳太子の存在が大きいと思うのです。

大和と書いて、やまとと読むことは不可能です。
つまり、ある意図を持っての当て字です。
今風のキラキラネームではなく、キラキラ当て字でしょうか。

辞書では、「倭」をやまとと読ませたり、「大倭」と書いておおやまとと読ませたりしています。

問題は、「倭」は中華思想による蔑視的な命名です。
それを自分たちの国名として使うことはありません。
ですから、大和という字を当てたのだと思います。

「倭」に代わる文字を考えて「和」が思いついたのではと考えるの自然です。
「大倭」を<おおやまと>と読んでいたこともあるようですが、それを文字に移し替える時に「大いなる和」という意味を込めて「大和」が完成したのではと推測しています。

和を以て貴しとなす

聖徳太子が策定したと言われる憲法十七条がそれをもとに考え出したのか、それとも大和という国名が先にあったのかは証明できませんが、「和」という文字に重要性を持たせたいという願いが憲法の条文に入れた事由のように思います。

僕の推察では、「和」という考え・思想がもともとあったのではなく、「倭」に変えて「和」という文字を国名に採用しようとした時に、「和」の意味の重要性を認識したのだと思います。
文字を探し出して、そこに深い意味づけをしたと考える方が自然な流れだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント