コロナワクチン接種って、いわば模擬テストみたいなものですね

政府のコロナ対策の無策に我々の望みはワクチン接種に移っています。
ただ、ワクチンがコロナ感染の救世主かというとそうでもないようです。

今日のゴゴスマを見ていたら、愛知医大のお医者さんがこう話していました。
僕の要約ですが、ワクチンはコロナ感染を予防する切り札ではありません。あくまでコロナ感染で重症化するリスクを低減するものであって、ワクチンを打っても日常の対策はこれまでと何も変わりませんというものでした。

東国原がワクチン接種の順番として、医療従事者及び病院関係者の次に65歳以上の高齢者ではなく、介護施設で働いている人を先にすべきではないかと言っていたのに対し、上記の発言をしたのです。

僕自身も、高齢者施設に働く人たちがコロナ感染したら介護サービスを受けている高齢者に感染するリスクが高いのだから、その人たちを先に接種させるべきと考えていましたが、ワクチンとは感染したら重症化を低減できる可能性があるということであって、感染を阻止・予防できるものではないということです。

なるほどです。

つまり、ワクチンとは感染するという本試験の前に受ける模擬テストのようなもので、それも条件としてはテストの出題者も出願傾向も似ているであろうと仮定した場合に有効性があるという話のようです。
しかも、感染阻止でも予防でもなく、あくまで重症化の低減が期待できるであろうという代物です。

ワクチンってそういうものなんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント