やっぱりコロナも黒船だったということかな

新型コロナの国内流行が起きる以前は、国内景気はインバウンドの成長を手掛かりにいろいろな施策や企画が考えられ、それにプラスオリンピックとの相乗効果を夢見た人々が多くいました。

観光地もどちらかというと、中国人の爆買いや爆消費に期待し、国内の旅行者にあまり目を向けていませんでした。コロナ禍以前では正直、そんな雰囲気というか空気を感じていました。
その意味では、ようやく冷静に旅行者を見ることができる視点が戻ってきたといえるかもしれません。

観光地での大量消費ブームが少し落ち着いたことは日本人旅行者にとってはとても良いことです。

これは観光地での問題ですが、普通の経済においてもインバウンドに期待したお手軽商法を見直す時期でもあります。
まさに持続可能な経済モデルが新たに求められています。

また、新型コロナの流行は日本の政治スタイルの阿呆さを赤裸々に暴き出したとも言えます。
事の本質を見極めることもなく、災難が通り過ぎることだけを祈っているような姿がそこにあります。
医療体制の脆弱性、経済を労働社会を下支えしている非正規労働者の危うい存在、それらが何度も語られながら誰も手をつけないでいる状態が1年以上も続いているのです。

150年前の黒船は日本に「開国」を要求しました。
今度の黒船は、日本に何を要求しているのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント