ながらへばこのコロナ禍やしのばれむ丑の令和ぞいつか恋しき

百人一首を読んでいたら、 ながらへばまたこのごろやしのばれむ憂しと見し世ぞいまは恋しき      藤原清輔朝臣 藤原清輔朝臣(ひじわらのきよすけあそん、1104~1177)六条家の顕輔の子。位は正四位下にとどまったが、二条天皇の信任厚く『続詞歌集』を撰んだ。しかし、撰半ばで天皇の崩御にあい、勅撰集とはならなかった。 ままよ この捨て果てて悔いのないいのちとは言うものの 生きながらえてみれば…

続きを読む