空いてたりしますか?

昨日録画している「ローカルバス乗り継ぎ旅Z」を見ていたら、鈴木杏樹がその日の宿泊先を確保する電話で、先方の旅館かホテルの従業員に「今日、お部屋は空いてたりしますか?」と聞いていました。 ん?誰が誰に電話をしているんだと一瞬疑問になりました。 その日のお宿を頼むために旅館かホテルに電話をしているのだから、「急なお願いで申し訳ありませんが、本日これから宿をとりたいのですが、お部屋は空いていますか…

続きを読む

そもそも神社ってなに?

戦前では日本が植民地にしたところには神社を建てていたそうです。さて、その場合のご神体って、その土地の神を祀るなどということをしないでしょうから、日本の天皇や神をもっていったのでしょうか。 北海道神宮に祀られている神に明治天皇がありました。戦前では現人神扱いをしていましたから当然なのかも知れませんし、人物が神として祀られる例はそんなに珍しいことではありません。特に天皇の歴史では殺されたり、失脚さ…

続きを読む

恒例の年中行事になるのかな?

29日に神棚の掃除をしました。前は幕が掛かっていたのですが、御簾をつけました。茣蓙のようなすだれですが、するすると下がりません。あのままです。でも、神棚の中がはっきり見えるようになって、新鮮です。神棚の上には天があるように雲を描くようです。特別な神道の知識がある訳でも、信心深いわけでもありません。僕が冬でもバイクで仕事をする郵便局員だったので、妻の希望で備えています。確かに、どんなに注意しても一…

続きを読む

やっぱり日本人の問題なのだ

今年一年はコロナ禍で社会が揺れた、揺さぶられたと表現してもよい年です。でも、それはコロナなのせいではなく、やっぱり日本人の問題と収斂していくように感じるのです。 日本でコロナが注目されたのは、中国武漢市で発生したコロナウイルスではなく、横浜に寄港したダイヤモンドプリンセス号でのコロナ感染が最初ではないかと思います。政府がどのような対策をとるのかに注目が集まりましたが、結果として見えたのは、感染…

続きを読む

お上はそんなに親切じゃないのに

詐欺被害の記事が毎日のように書かれています。その中には、いい方は悪いですが、欲に目がくらんだものがチラホラ見られます。 海外での賞金獲得が約束されました。つきましては、その手続きが必要なので手数料を支払って下さいと何百万円もだまし取られる例などはその典型のようです。あるいは、見覚えのない料金請求ということで、サイトへのアクセス料金が未納ですというものです。これはどう考えてもアダルトサイトを思わ…

続きを読む

有馬記念に隠された真実!

有馬記念はその年の最後のGⅠレースで、その年の締めくくりというものに相応しいレースです。2020年12月27日(日)は、第65回になります。今年は16頭立て、中山競馬場で開催される2500メートルのレースです。 有馬記念の優勝には、その年を象徴する漢字が関係するとささやかれています。京都清水寺で書かれる今年の漢字が有馬記念の優勝馬を指し示しているというのです。 今年は<密>です。 ミツ。ミ…

続きを読む

ナンマイダはポロポロだ

弘長三年(1263)二月二十日 恵信(親鸞の妻)から末娘の覚信尼に宛てた手紙より 「親鸞聖人は、寛喜三年(1231年、親鸞聖人五十九歳)四月十四日の正午頃から風邪気味になり、その日の夕方から床につかれてひどいご様子であったのに、腰や膝もさすらず、まったく看病人も寄せつけず、ただ静かに横になっておられました。 さて、床につかれて四日目の明け方に、苦しそうな中で「これからはそうしよう」と仰せになっ…

続きを読む

いつもの年末年始ですがね

お歳暮のやり取りが終わりました。親戚兄弟姉妹でも、お歳暮に何を贈ったと聞くのを女房が嫌がりますが、僕は着いた着かないという問題もありますが、何がいいのかを聞いた方が合理的だと考えています。 姪っ子二人には、毎年、(イクラ、鮭、松前数の子)セットを贈っていますが、下の妹の方の反応が今一なので、何がいい?聞いたところ、子供は生ものが苦手なので、六菓亭がいいといいます。それで、クリスマスに音がなるサ…

続きを読む

数え日にサイタサイタと赤くなり

数え日に最多最多と赤くなり 数え日・・・年末、指で数えられるぐらい、一年の残り日が少なったころ。年末、大きな支払いのある、書き入れどきの日という意味もある。 GO-TOトラベルをやめる根拠などどこにもないとうそぶいていたガースーですが、流石に支持率急落を受けて、GO-TOトラベル全国中止を判断しました。 その後のコロナ感染者数の報道を見ると、最多最多などと騒がしく、まるで桜前線の発表のよう…

続きを読む

この日をつかめ、明日はあまり信じないで

『この日をつかめ』ソール・ベロー、大浦暁生訳。 小説の題名である「この日をつかめ」はローマの詩人ホラーティウス(紀元前65~紀元前8)の「抒情詩集」にある言葉。「われわれの話すあいだも、時は意地悪く過ぎ去ってゆく、この日をつかめ。明日はあまり信じないで」からの引用で、「チャンスを逃がすな」という意味の警句として使われるようですこの小説では、過ぎ去った過去や不安に満ちた未来に望みをかけないで、た…

続きを読む

「お菓子の家」裁判

テレビっ子であるおじさんは、何故か面白い番組と遭遇するらしい。 今回は、「昔話裁判」というもので、ヘンデルとグレーテルの罪状について裁判に掛けられていた。 犯行の筋書きはこうだ。 貧しい家に生まれたヘンデルとグレーテルの兄妹の二人は、家にはもう家族全員で食べるものがなくなったというので、森の奥に棄てられた。一度目は光る石を道に置いていたので家に帰ることはできたが、次はパンをちぎっておいたの…

続きを読む

鬼滅隊って、盾の会?それとも連合赤軍?

昨日(12月20日)のテレビ放映で初めて「鬼滅の刃」のアニメを見ました。 昨日のアニメの筋書きだけでは今一歩全体像がつかめていないのですが、正直な感想を言えば、「鬼滅隊」(「きめつたい」といっていたので、こう書くのではと考えましたが)は私塾のテロ組織です。いわば「盾の会」もしくは連合赤軍です。 大正時代の日本という時代設定が今一理解できませんが、鬼という存在が巷に広がっているという話です。そ…

続きを読む

ちゃんとしなさい!

小学校で先生から生徒が「ちゃんとしなさい!」と叱られたら、誰もがシュンとなります。 もちろん、他の者から見れば叱られた生徒が特別悪いことをしているようでも、何か怠けているように見えなくても、当の生徒にしれば自分の落ち度ややり過ごしたことを頭に思い浮かべて反省するだろう。 でも、この叱り方はズルいとしか言いようがない。 叱られた生徒の自省に期待して、何がどう悪いのかダメなのかを指摘しなければ…

続きを読む

2020年の配達業者ランキング

配達業者ランキングと書いていますが、家に荷物を届けに来るのはヤマト運輸、佐川急便、郵便局の3つです。 たまに、アマゾンだけのものを配達している方を見受けますが、ポスト投函はあっても家に来たことはありません。 2020年の配達業者ランキング! 第一位 佐川急便 第二位 ヤマト運輸 第三位 郵便局 愛想のよさで言うと、第一位はヤマト運輸です。配達の際に日常会話を差しはさむことがで…

続きを読む

強か~

「強か」という漢字を博多大吉・大丸の博多弁よろしく「つよか~」と読んでいたら、実は「したたか」という読みが正しいようです。 図書館の年末年始の休館日と冬の天気及び道路事情を考えると、12月13日で終了にしました。 その故、家にある本で年末年始を乗り切るつもりで書棚なから引っ張り出したのが、『大人の国語力が面白いほど身につく!』という500円で買った本です。 所謂ハウツー本のレベルです。…

続きを読む

譲位するぞ

平成天皇が譲位し、太上天皇になったことに驚かれた人もいるかも知れない。 元号は天皇一代の名で、天皇が崩御されたならば次の天皇の代へとという流れを想像するのが明治以降の決まりになりました。 でも、天皇の歴史を見ると、「天皇」として亡くなるのではなく、死の直前もしくは死んだことを隠して上皇になった段階で葬儀を出すことが平安時代から普通になりました。 と言いますのも、奈良時代には天皇の死…

続きを読む

世間を師とせず

「世間を師とせず」という言葉は、鶴見俊輔氏が転向研究の後の感想のような文で書いていたと記憶しています。 共産党の党員や支持者である知識層の人たちが官憲の力で転向を余儀なくされていくのですが、転向者自身は自分たちの思想や活動が世間から遊離していたという意味の総括をだしています。 しかし、鶴見俊輔氏は彼らの総括である「世間から遊離していた」ということに異議を唱えます。 満州事変以降の日…

続きを読む

人の死とは・・・

『天皇と葬儀』井上亮著、新潮選書。 上記の本に嵯峨上皇の遺詔が載っています。「続日本後記」に記載されていたものです。現代語訳は森田俤。*遺詔とは、天皇や上皇が自分の葬儀について書き残すものです。 「およそ人の愛するものは生であり、嫌うのは死であるが、いかに愛しても生を延ばすことはできず、嫌っても死を免れることはできない。人の死とは、精神は亡び肉体は消滅して魂の去ることであり、身体の活動の根元…

続きを読む

来週は吹雪自粛ですか

昨日(12月10日)、街に行ってきました。 前にも書いた北菓楼のお菓子を買うためです。(大丸・東急・エスタ・地下街) 先月行った時よりも、断然人は多くなっていました。 自粛って呼びかけていましたが、何が自粛なのか分かりません。 区の体育館にも、札幌市長が自粛を呼びかけた次の日に電話をして確認したら、休館はしないそうです。 なにがなんだか分かりません。 でも、来週は吹雪…

続きを読む

男女交接、セックスの話があります

不老長寿とか不老長生という話が出て来ると、「気」などとともに語らねばならない話があります。 それはセックスです。 どのように語られているかというと、 >精液は生のエネルギーの源泉であるからして射精は回避されるべきで、女性との交接によってたっぷり陰の気を吸収した陽の精(液)は、脊髄を遡って脳へと汲み上げらねばならない。脳に貯蔵された精液は病を癒し、うまくいけば長生をもたらす霊薬に変化する…

続きを読む

やばいよやばいよ

ヤバいという言葉を堅気が使うことはテレビの影響なのだろうと思うが、言葉を短くして何か重要性を持たせようとする語彙不足がなせる一種の技なんだろう。 ところで、月一で通っている床屋さんが臨時休業していた。 昨日の7日から11日までの5日間を検査入院のためにお店を休みますと貼り紙をしていました。 先月行った時には、体調が今一歩で、めまいがしたり心臓の動機が早くなったりして、血圧検査はした…

続きを読む

ダルマさんが転んだ!

<ダルマさんがころんだ>という子供の遊びがいつ頃から流行ったのだろうとネットで調べたけどよく分からなかった。 これは全部で10文字なので早口言葉としてもあるようで、まあ、鬼ごっこな訳で、地方によってはいろいろな言葉のバリエーションがあるのだろうとは推測できます。 でも、<ダルマさんがころんだ>は秀逸だなと思います。 まず、ダルマさんは民具として見れば不倒翁的な構造で(実際は土台がついて…

続きを読む

髀肉之嘆・・・この頃、馬に乗ってないから太ったわ

馬にまつわる言葉を探していたら、こんなのがありました。 髀肉之嘆(ひにくのたん)・・・〔三国志〕(蜀の劉備が、馬に乗って戦場に赴くことのない日がつづき、ももの肉が肥え太ったのをなげいた故事から)功名を立てたり力量を発揮したりする機会にめぐまれない無念さをいう。 鹿を指して馬となす・・・〔史記〕(人を試す目的で故意に誤りを言うことから)人を欺き愚弄すること。また、間違ったことを強引に押…

続きを読む

神仙思想から辿れること

神仙思想・・・中国古代の神秘思想。山東省の神山信仰に端を発し、不老長寿の薬を求め、煉丹術を生んだ。太平道・五斗米道(ごとべいどう)などにも影響を与え、道教の中にとりこまれた。 太極拳を学んで行くと、「気」とともに道教の教えが来ます。その道教の教えとはいかなるものかは、よく分かりませんが神仙思想にというものがまず引っかかってくるのです。 不老不死・不老長生・不老長寿とかは、橘の話ででて…

続きを読む

柵は「しがらみ」と読むそうです

ネプチューンがメインの出演者であるネプリーグの漢字コーナーで出てきそうだなと思いました。 広辞苑電子辞書から、①水流を堰き止めるために杭をうちならべて、これに竹や木を渡したもの。②転じて、柵。また。せきとめるもの。まといつくもの。

続きを読む

太極拳は両性具有の演舞とみたり

「男女両性具有的なるものの儀礼舞踏があるとすれば、この大家によって演じられた太極拳こそ、その舞踏であろう。男性的な舞いでも女性的な舞いでもない。強さと優雅の両者を兼ね備えているように見える。・・・外側の周期の動きは《男性的なるもの》、陽の面に属し、内側の周期の動きは《女性的なるもの》、陰の面に属している。・・・前へと差し出され、また内側へと引き戻され、この運動は枯渇することがない。生のエネルギー…

続きを読む

嫁よ来い来いじゃないんだよな

東京の甥っ子に本とわかさいもをレターパックプラスにいれて送ったのだけど、その中に山之口獏の詩「求婚の広告」を書いていれてやった。 品物が着いての夜にメールが来たのだけど、なんか浮かれているな。 性格はなかなか変わらないと感じた。 メールの文章が騒がしいのだ。 その中で、山之口の詩を、自分の今の心境と重なったのか、「嫁よ来い来いだね」と書いてきた。 違うんだよな。 あの…

続きを読む

消費税込みの値段の10%って、元の値段よりも安くなるんだ

今年から、年賀状を自分で作成するのをやめました。 いつもは、自分のもの、女房のもの、親戚と夫婦共通のものという具合に、3種類の年賀状を作成していました。 そして、この作成にあたっては、図柄を決める段階でいつももめます。 また、プリンター用のインク補充と絵柄・図柄の本を購入するので、3千円~4千円は掛かっていました。 それ故、女房の提案で、業者に頼むことにしました。 12月8…

続きを読む