古代の馬は「イイ~ン」と啼く

『日本語の歴史』浅川哲也著、東京書籍刊より、抜粋・引用しています。 宮材引 泉之追馬喚犬二 立民乃 息時無 恋渡可聞        (巻十一・2645) 万葉集は、大和言葉を文字にした初めての書物で、漢字を一種ローマ字表記のアルファベッドのように使っています。万葉仮名というものです。ただ、同じ大和言葉を現すのにいくつもの漢字を使用しているので、それが古代における音韻の違いのせいか、筆…

続きを読む