妻が家を出て行きました

調子が悪いというのは表現しようがありません。 東洋医学では「不定愁訴」とか呼ぶそうですが、いわば病気の予兆とか病気の入り口のようにも語られます。 先週も37.1度まで熱が上がって、よくなって旅行から帰ってきたら、また熱が37.4度、37.6度と立て続けに上がって、寝ていました。 この時期は、熱が出て調子が悪くなると「コロナでは?」という疑念が起きてきますが、味は感じることはでき、抗…

続きを読む

「向南」と書いて「きた」と読むそうです。

『日本語の歴史』浅川哲也著、東京書籍。 日本語がいつ頃から使われたのかは未だに分かりません。 だから、縄文時代にタイムスリップをしたら、現代の我々とどれほどの会話ができるのかというロマンも成立します。 でも、縄文時代に日本列島にいた人間たちが果たして「日本人」の祖先なのかを証明することの方が難しいでしょう。 ですから、文字になった「日本語」を読むことでしか古代日本語の姿を捉えるこ…

続きを読む

酸っぱいミカン

この時期になると、やっぱり「冬ミカン」が目に入ります。 昔は冬になると箱買いをしますが、箱のままで保管をしておくと底のミカンが潰れて腐ってしまいます。 そういえば、青白いカビのついた果物は最近は目にしません。 数年前に、郵便局の「ふるさと会」という定期的に品物をとる商品でデコポンを注文をしたとき、真ん中の一個に見事なカビが生えていました。 他のデコポンは大丈夫だったのですが、送り主の…

続きを読む