わたしは死人ではない。おろされるのが早すぎただけだ。だから、また起きあがってきた。

「死んだ男」という小説の中の主人公のセリフです。 >イェルサレムの近くに住むひとりの農夫が闘鶏を手にいれた。 そのように始まる「死んだ男」という題の小説が誰を主人公としているのかは、すぐにも分かるだろう。 「死んだ男」とあるようにイエス・キリストの復活を描いたものだ。 闘鶏が鳴く声、ひときわ高くつんざくような調べで鬨をつくった。その声で、農夫が目をさましたその時、 >ち…

続きを読む