紅桜公園 ART ANNUAL・・・入場料が無料だったので

https://www.benizakura.jp/facility/ 定山渓に行く道すがら、紅桜公園があるのは分かっていたのですが、入場料があるとだけは知っていたので、敬遠をしていました。 ところが、コロナ禍での催しだったせいか、9月30日までは入場料無料での開催と新聞に載っていました。 新聞記事でのアートの作品も興味深いものがあったので、体調は今一歩でしたが、行きました。なにせ無料…

続きを読む

うで風邪、最後の晩餐はビビンバと舞茸の味噌汁

「ナニコレ珍百景」で紹介されていたアブ捕獲装置です。テレビで見たときに、乗馬クラブにもあることを思い出しました。 夏のシーズンは、レッスン中でも馬にアブが寄って来て、それを馬が嫌がってお尻を振ったり跳ねたりもします。ですから、夏のシーズンのレッスンは油断が出来ません。 この日は(9月28日)はレッスンの合間にこれを写真に収めるつもりでいました。でも、起きたときから調子が今一歩…

続きを読む

好きでもない人に親切にすると・・・

前に占いのことを書きました。 「好きでもない相手に親切にすると、あとあと面倒なことになる」という内容だったのですが、親切って、好きな人に向ける態度ではないので、占いの文章自体がおかしいなと思いました。 好きな人に向ける態度としては、優しいとかいう風な表現になるので、親切という態度は、本来はあまり親しくはない人にするものです。親切にする場合に、好きか嫌いかの判断で親切はしません。 そんな…

続きを読む

わたしは死人ではない。おろされるのが早すぎただけだ。だから、また起きあがってきた。

「死んだ男」という小説の中の主人公のセリフです。 >イェルサレムの近くに住むひとりの農夫が闘鶏を手にいれた。 そのように始まる「死んだ男」という題の小説が誰を主人公としているのかは、すぐにも分かるだろう。 「死んだ男」とあるようにイエス・キリストの復活を描いたものだ。 闘鶏が鳴く声、ひときわ高くつんざくような調べで鬨をつくった。その声で、農夫が目をさましたその時、 >ち…

続きを読む

お呼びでない

植木等がメインのクレージーキャッツというバンドのギャグに、この「お呼びでない」というのがあった。 皆が楽しくしている中に急に場違いな乗りで入ってきたとき、その違和感に皆もそしてその輪の中に入って行った植木等も気づくのだ。 その時、皆に違和感を生じさせた当の本人である植木等が「お呼びでない、お呼びでない。こりゃまた失礼しました!」と言ってその場を立ち去るのである。 この「お呼びでない」を…

続きを読む

鶴見俊輔を信じる理由

「ドイツ降伏の一カ月前の4月12日にロズヴェルト(ルーズベルト)は急死して、大統領はトルーマンに代わっている。当時の大統領直属の統合参謀本部幕僚長は海軍大将のリーハイで、彼の手許には日本各地を航空撮影した写真がつぎつぎと送られてきていて、それをも見ると日本には連合艦隊が存在しない、それは一目瞭然なんです。もちろん、大統領のトルーマンもそれを知っている。ところが、日本人のほうはそんなこと知らされて…

続きを読む

一等賞おめでとう!

先日の競技会で一等賞をとったと聞きました。 競技会と言うのは、馬術競技大会です。 北海道での公認大会は、毎年5月~9月までの5回しか大会はありません。 ですから、騎乗者資格を取るのも、C級は5月、B級は6月と限られた中での挑戦となります。 しかも今年はコロナ禍で5月と6月の大会は中止でした。 一等賞をとったと言う方は、妙齢を少し過ぎた女性で、自馬を何頭も持っていますが、週の何日…

続きを読む

こんなのプレゼントしたら勘違いされる?

https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/4570018721113 カルデイで売っているぬか漬け用のチューブです。 以前、テレビでも紹介していたのですが、発酵食品が腸にいいという話を聞いて急に女房が買ってきました。 チューブ式ですから、ぬか床がどうのという心配はいりません。 キュウリやナス、ニンジンなどに塗ってサランラップにくるむだけです。 …

続きを読む

コロナ禍といいながら、いつもの年より旅行に行きます

コロナ禍で大変だといいながら、旅行の回数が増えています。 さすがに本州に渡ることは控えていますが、虎杖浜に、定山渓に、函館と割引の恩恵に浴しています。 虎杖浜は、貰っていた旅行券を使ってなのですが、道民割に外れたことがきっかけなので、コロナ禍の逆影響ともいえるでしょうか。 先日のテレビで、北海道に旅行に来ていた大阪のおばさんが、インタビューで東京が10月1日からGO-TOキャンペーンに…

続きを読む

お釣りの法則?参りました。

昨日のブログで、変なお釣りの出し方をしたおばさんの話を書きましたが、どうも僕の方が間違っていました。 1,470円の買い物です。 おばさんは(僕より年下だったらゴメンナサイ)、1万円札と400円をだしました。お財布の中のほかのつり銭は問題にしません。 僕は、そんなお釣りの出し方をしたら、つり銭が増えて財布が膨れるだろうと勝手に想像したのです。 一番いいのはちょっきりですが、そうでなく…

続きを読む

計算合っています?

9月21日(月)の朝、八紘学園にヨーグルトを買いにいきました。10時からの開店ですが、僕が行った10時を数分過ぎている時間にも拘らず、すでに50人くらいの行列ができています。 コロナのせいでお店に入れる人数の入場制限をしているためです。 コロナ禍のせいか、前年よりも人が多くなった気がします。 50人くらいの行列でも30分も待つ訳ではないので、入店したら買い物はすぐです。ヨーグルトと…

続きを読む

恋愛運不安定

北海道新聞の占いのページは、この土曜日の欄と、火曜日の「オントナ」の中にあるものがある。 占いは、信じるかどうかというより、見てよかったら「なるほど」と思い、悪いのがでると「気をつけねば」となんとなく慎重になる。 9月19日の夕刊の占いの欄は、『アリアードネ・ユウコの星占い』という題名で、9月20日~9月26日の期間の運勢です。 星占いだから、占星術というものだろう。占星術でも西洋占星…

続きを読む

墓じまいなのか墓暴きなのか

暇なときはBIGLOBEの「相談室」を見ています。 質問コーナーといいながら、半分くらいは自分の意見表明みたいな場になっています。 でも、質問を見て、自分なりに調べたりしますので、面白いといえます。 つい最近のものです。 >自分の家のお墓(祖父母・両親が入っている)はそのままにしておきたいのですが、周囲にある親戚と思われるお墓が5・6基あり、それを整理したいという内容です。 …

続きを読む

事故物件・・・ケーズデンキ

交差点前で一時停止をしていたら、後ろから追突されたことがあります。 その車は、左横のガソリンスタンドから道路に出て来る車(ウインカーをつけていた)を僕が待っていたのに気づかなかったようで、あおりのように後ろにぴったりついて来ました。 交差点は、前にも車がいて、左横のガソリンスタンドからの道路への進入車があったので入れてやり、その車も少し出てから交差点前で止まったので、こちらも停車したら、…

続きを読む

天皇家の祭祀は「水稲作の豊饒」を祈願するところにある

『日本史の謎は地政学で解ける』兵頭二十八著、祥伝社刊。 図書館から借りてきた本の一冊です。著者は、保守系雑誌が「ソ連軍は1985年に北海道に上陸するだろう」と書いていたのを信じて82年に陸上自衛隊に志願した人です。それもすごい話です。軍事オタクなのでしょうか。 それ故か、地政学というものを軍略的に有利かどうかの判断基準にしています。歴史の見方も神話も史実も区別することがなく書いていますの…

続きを読む

ケーズデンキンさん、ゴメンナサイでいいのですがね

昨日(9月15日)の話です。 ダイソンの空気清浄機付き扇風機のフィルターを注文をしに、ケーズデンキに行きました。 二・三日前にフィルター交換の印がでたからです。一応は本体からフィルターを外して、再度いれても交換の印は消えません。 本体は、4年ほど前に購入し、フィルターも2度ほどは交換したように思います。 昨日は午前中からデパートや阪急交通社に行き、家に帰る途中にケーズデンキに寄り…

続きを読む

未だガラ携帯ですが・・・

電話もならないし、メールもほとんど来ません。 ガラ携帯が使えなくなると言われていますが、どうも違うようです。 ガラ携帯専用の回線が限定され?それを使える機種が限られるので、今までのガラ携帯の機種では使えませんという話のようです。 だから、ガラ携帯でも回線をつける機種ならば大丈夫のようです。 ただ、お店にいっても、アプリをダウンロードすれば割引しますとかクーポン券がでますということ…

続きを読む

あんた誰?

昨日の雨で馬場には水たまりもあるのですが、それでもレッスンはできるようです。 この頃は月曜日にいれています。 今のところは週一です。 土日は特別に用事はないのですが、人が大勢くるので気が引けます。 また、レッスン馬は限られているので、一日3鞍も乗せる馬がいて、馬にとってはブラック企業なみだと誰かが冗談で話していました。 そういうこともあり、平日レッスンにしています。 …

続きを読む

なにもしない時間

たまに女房が友達と出かけて夕方に帰ってくるという日があると、読書にパソコンにと時間配分を考えてしまいます。 お昼は、コンビニかカップラーメンになりますが、なんとなく次は次はと少し焦り気味になります。 そんな時こそ、10分~15分は「なにもしない時間」を間にいれることをします。 別にボ~っとする時間ではないのです。 スケジュール的に時間を繋げることを、いったん中断するのです。 …

続きを読む

「愛の不時着」我が家に到着しました

韓国ドラマの「愛の不時着」が評判だということは、朝のワイドショーでも話題にしていたので知ってはいたのですが、こんなに早くにわが家に来るとは思いませんでした。 女房の知人からの借り物です。 テレビっ子であることは以前にも書きましたが、日中にBSで放送している韓国ドラマは録画して見ています。 1つは、「真紅のカーネーション」(私もママよ) 内容は、自動車事故で旦那さんと胎児を失っ…

続きを読む

世間虚仮 唯仏是真

聖徳太子の最後の言葉だという話です。 意味としては、世の中のことは虚しい、仏の教えのみが真実である。 聖徳太子と言う名前は、後世での尊称もしくは諡号だそうで、厩戸皇子や豊聡耳皇子などいくつかの該当する名前があるようです。 歴史研究家の中には、本当は実在の人物ではなく、十七条憲法や遣隋使、仏教の導入など後の律令制の土台を築いた勢力の象徴として言われたのではないかという説があります…

続きを読む

乗馬しています

65歳直前に仕事を辞めて、よく言えばフリーター、どう考えても無職のシニアじいさんになると、自己紹介も困ります。 何をしていますかと聞かれたら、「生きています」が一番正確な答えのような気がするけど、そんな答えをする人間は変なおじさんクラスの住人に見られる可能性がありますから、「毎日が日曜日ですよ」とか「特別何もしていませんよ」というのが無難なところでしょうか。 そういう意味では、「〇〇…

続きを読む

豆腐納豆と心太

夏の時期のせいか、急にところてんが食べたくなることがある。 酢のものが、脱水症状緩和や夏バテに効果があるのか分からないが、意識して「美味しい酢」を水や炭酸で割って飲んだりもした。 ただ、安売りのスーパーに売っている心太(ところてん)は今一滑らかさに欠けるところがあり、不満が残るのだ。 しかし、納豆に冷奴を入れてごちゃ混ぜにして食べたら、これが意外と美味しいことが分かった。 特…

続きを読む

転校生ジャスパーはイジメにあった

レッスン馬が入っていた馬房から出されたジャスパーは、すでに3頭がいた放牧柵の中に入れられました。 僕がジャスパーを見たのは、放牧柵に入れられてからどのくらい経った時でしょうか。 レッスン前のブラシ掛けをする段階になって、ジャスパーの身体についているキズ(噛まれたような)を見つけた。数か所もある。 放牧柵内のボスは大五郎という道産子のポニーだが、ポニーというより、小さな農耕馬とい…

続きを読む

「天皇制」の創作

明治期に作られた「天皇制」をなにか古代から引き継がれた歴史のように語る人もいるが、本当だろうか。 >孝明天皇が1866(慶応二)年12月25日に死去し、翌1867(同三)年1月9日、睦仁親王は践祚して122代明治天皇となる。  260年余続いた江戸幕府に取って代わって「維新政府」が誕生したのは、明治天皇臨御のもと、この年の12月9日に開かれた「小御所会議」の場であった。  ここで王政復…

続きを読む

コロナも夏バテで感染者は減少

コロナ感染者数がなんとなく皆の関心事になっていると、数が少なくなっていると思わず収束に向かうのかと勘違いしそうになります。 でも、真夏のこの時期、日本は高温多湿の気候なので、コロナウイルスも不活発になるだろうと、羽鳥慎一モーニングショーでの岡田教授は予測していました。 それが当たっているから感染者数が減少しているのか、他の専門家の意見も聞きたいですね。 例えばブラジルの大統領は、コ…

続きを読む

ねえ、おい、お前、ハニー、ケイコさん

高校の時、友人の知り合いに自分の母親を「〇〇さん」と下の名前で呼ぶ人がいた。もちろん、男の子である。 僕なんか、え~!って驚いたけど、そいつの恰好もなんかモダンで、ちょっと負けたなという感じをもった。 想像するに、そいつの家庭では、父親が奥さんのことを下の名前「〇〇さん」と呼んでいたのだろうが、それが子どもが生まれてからも、奥さんを「お母さん」と呼ばずに、〇〇さん」と呼び続けていたので、…

続きを読む

「多くの犠牲のうえに築かれた平和」は慣用句になりましたか。

今朝の道新の読者コーナーで、自分のおじさんのことが書かれていて、そのおじさんは20歳で出征し戦地でなくなったのですが、今の平和はそういう多くの犠牲のうえに築かれていると結んでいました。 なんかそういう使い方は如何にも慣用句のようで、プレバト俳句の夏木先生だったら、「凡人」と評価するだろうと思いました。 ところで、あの戦争は、日中戦争や太平洋戦争は、平和日本を目指して宣戦布告をしたものだっ…

続きを読む

当選金で朝食を

かもめーるの2等に当たりましたと書きましたが、今朝はコメダで朝食です。 家から普通に歩いて30分以内の距離です。 10時着いたのですが、3組待ちでした。 朝食が10時というのは少々遅いのですが、起床の時間は60歳定年を機に朝8時になりました。 家で牛乳を飲んでから、9時半過ぎに出発です。 トーストとアイスコーヒーで一人450円です。 安い! コメダを出て、生鮮市場北…

続きを読む

腕時計をしたマサイ族

いつの頃の雑誌だったか、腕時計をして垂直にジャンプするマサイ族の青年の姿が写真にあった。 マサイ族は、ケニアの草原に住んでいた放牧民で、垂直に飛ぶジャンプが有名です。 たしか、ドリフターズのいかりや長介もそこを訪れた記事があった。 昔ながらの部族とか民族というと、何万年・何千年と同じ生活様式を守って暮らしているように見られます。 しかし、腕時計をつけた青年は普段はスポーツカーに乗…

続きを読む

かもめーる2等当選です

かもめーるがくじ付きハガキとして発行されるようになって何年経ったでしょうか。 暑中見舞いは文化の問題であり、それに懸賞品などをつけても販促に繋がると考えるのは安易そのものと言えます。 しかも、大企業でも虚礼廃止などの理由をつけて経費節減が至上命題ですから、ずい分と前からファックスやメールでお得意先にお盆休みを知らせています。 1等の商品は、1万円の現金で、2等は2千円の現金です。 …

続きを読む

わが家の贅沢

久し振りに家の近くの「佐藤水産」に行きました。 西岡の生鮮市場というスーパーでの買い物帰りの途中です。 4・5日おきに買い物をするのですが、そのたびにメニューを考えます。 買い物初日は魚料理、次の日は肉料理となんとなくパターン化するのはやむを得ません。 ですから買いだめをしないので、2年前の厚真の地震でのブラックアウトの時は困りました。 マンションなのですが、ガスはついたのでお…

続きを読む