恋愛運不安定

北海道新聞の占いのページは、この土曜日の欄と、火曜日の「オントナ」の中にあるものがある。
占いは、信じるかどうかというより、見てよかったら「なるほど」と思い、悪いのがでると「気をつけねば」となんとなく慎重になる。

9月19日の夕刊の占いの欄は、『アリアードネ・ユウコの星占い』という題名で、9月20日~9月26日の期間の運勢です。
星占いだから、占星術というものだろう。占星術でも西洋占星術と東洋占星術があり、陰陽道は東洋占星術になるのかな。

僕はいて座です。いて座の欄を見ると、
「恋愛運不安定。好きでもない相手に親切にすると誤解され面倒なことになるので注意。職場や学校では人から言われる前に動くと吉」
愛情✕健康〇金運△仕事△

上記の占いの指摘である「好きでもない相手に親切にする」にはドキッです。何故なら、誰にでも親切にするというのが人と接する時の僕の基本的な態度だからです。

僕は、敵をつくりやすい体質というか、こちらがまともなことを言いだすと相手はこちらを値踏みしていたのか、少々慌てて、何故か対立的になるパターンが多いのです。おそらく、相手は自分のことをこの程度だと思って接している時に、その思惑をはみ出した姿を見せるのが気に食わないのでしょう。そういうことで対立的になることが今までには多くありました。

意見を戦わすことがイコール対立だと考える人が多いのだと思います。

そういう経験上、人に対しては親切に優しく接しています。
それが誤解されて面倒なことにとは・・・人にだけでなく猫にも馬にも親切なつもりです。

例えば、職場でこんなことがありました。
夜勤勤務をしていた時に小腹が空いたので、仕事の合間にタイ焼きを買ってきたことがあります。夜勤の体制は7人がいました。それで、7人分買ってきて、皆に渡していたら一人の人が「なぜ、自分にくれるの」(男性です)と聞きます。そんな風に聞かれることは始めてでした。
その人とは特別親しくもないのですが、同じ仕事仲間だからと全員分を買って来たのですが、そういう風に受けとめる人がいるのだと改めて思いました。

好きでもない相手に親切にするとは、上記のようなことでしょうか。
でも、親切にする相手=好きな相手という構図は違います。好きな相手にする態度は親切ではなく愛情です。
でも、親切が相手には愛情と受けとめられることがないとは言えないでしょうが、そんなにないように思います。親切と愛情を混同するというか勘違いをするのは、人生経験の不足です。その人は、他人に親切にした経験がないのでしょう。

親切心は、なんというか同朋という感覚でしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント