鬼さん、可哀そう

太宰治の「御伽草子」のはじめに、そんな文章があったと記憶している。 確か、子どもに絵本の「桃太郎」を読んであげていた時に、子どもがふと漏らした言葉が「鬼さん、可哀そう」というものでした。もしかしたら、「カチカチ山」のタヌキさんが可哀そうと言ってかも知れません。 それを聞いた太宰は、昔から読み継がれている御伽草子を自分なりに読みなおしてみようと書いたのが、太宰治の「御伽草子」なのです。 …

続きを読む