自分の背負っている荷は重く、他人が背負う荷は軽い

久し振りというか昨年のいつ頃会ったのか思いだせませんが、年に2・3度会う方がいます。お互い夫婦での会合です。
多くの場合、僕たち夫婦が相手の家にお邪魔する形です。

僕たちの方が動きやすいということもあるのですが、今年はコロナ騒動があったので、相手に家に行くことは少し憚れます。
いつもの年でしたら年明けの3月か4月頃には一度会っているのですが、お誘いがあっても今年は流石に躊躇しました。

それで、6月30日という日にちになりました。

北野に2・3ほど前にできた「むさしの森」という喫茶店です。
11時半に待ち合わせをしたのですが、駐車場に10分程度前に到着して驚きました。
もうすでに駐車場内の空きが2・3台しかないのです。40台くらい停められるでしょうか。

昼間のランチといっても郊外の喫茶店です。予約などということは頭になかったのですが、急きょ受付に行って4人分の席を確保しました。
その段階で4人掛けのスペースは全部埋まったそうです。
平日の昼間なのに、満員です!

いつものように時事話題から話が始まりましたが、こんな話の中でもちらちらお互いの悩み事が出てきます。
直接それを話題にすることはあまりないのですが、長年付き合っているとこの話は今の悩みなのかなという想像はできます。

1つに相続の話が出ました。
知り合いなのか誰かに聞いた話なのか、90代になる方の話です。

自分が亡くなっても奥さんが困らないように財産を少しづつ奥さんの名義にしていたのですが、運悪く奥さんの方が早く亡くなったのです。
男の子(90代の親の息子ですから、立派な大人なんでしょうが)が一人しかいませんので、本来なら相続は簡単です。
ところがその息子が遺産分割協議書にハンコを押さないので、困っているという話です。というのも、どうせ90代のおやじが亡くなれば全部自分のものだからというのが言い分らしいのです。

不動産の名義も奥さんのものにしているようですが、預貯金の名義も奥さんにしているらしくお金を動かすことができないようです。

裁判所に調停や審理を行ってもらう方法もありますが、一年程度かかる場合もありますので90代のお父さんには荷が重い話です。

ただ、ここには盲点があります。
相続を一度で済まそうとこの息子さんは考えているようですが、その方が相続税を多く支払うことになります。
相続税に対しては、相続税の控除というものがあります。

一次相続では以下の金額が控除分として計算されます。
3000万円+600万円×2人(父親と息子)=4200万円

しかし、相続を一度ですまそうとすれば、
3000万円+600万円(息子一人しか法定相続人がいない)=3600万円

つまり、家や貯金の総額が5000万円だとしたら、一次相続をしていたら残りの800万円を父親・息子でそれぞれ税金を支払えばいいのですが、(90代の父親は立場としては配偶者ですから、この金額でしたら相続税は掛かりません)相続を一度ですまそうと一次相続を省くと、息子さんは1400万円に対して課税される形になります。

本来なら、息子さんは一次相続で5000万円の半分の2500万円を貰っているので、今度は父親が亡くなっても2500万円の相続財産を貰う形ですから、税金はゼロ円なのです。

この息子さんは、父親に2500万円を渡したくないばかりに大きな損をするのですが、90代の父親がその2500万円を誰かにわたすとでも思っているのでしょうか。

友人が話した内容が知り合いの話なのか又聞きなのかは分かりませんが、子どもがいてもこんな息子ではいやだなと話していましたが、僕は一次、二次相続のことを考えていました。

ところで、友人は久しぶりに見ると少しやせていて、正直元気があるように見えません。
身体の調子が今一歩のようです。

子どもの頃小児まひの手術で股関節に大腿骨を固定した部分が60年以上もたって傷むようです。
痛み止めの薬を貰っているようですが、副作用を心配して服用を自分で制限しているみたいなのです。
それに尿の問題も気にしているように見受けました。

僕が前立腺肥大だというこがとはすでに書きました。
定年直後に行った人間ドッグでは、19%(肥大率という事だと思います)くらいなので、前立腺肥大とまでは言えませんと何故か女医さんが強調していました。
ということは、20%を超えると前立腺肥大なんでしょうか。

正直、自分でも特別調べてはいません。
ただ、症状としては、オシッコの出が悪い、それほどの残尿感の自覚はないのですがオシッコが近い時がある。オシッコの勢いがない。夜中には何度かオシッコに起きる。

まあ、そんな症状があって、たまたまピロリ菌除去で通っていた医院で相談したら、ナフトピジルOD錠75mgを出してくれました。

この薬、朝飲むと昼頃に頭がモヤモヤしてくるのです。
先生に言うと、急いで薬の辞典みたいなものを出して調べていました。どうやら、この薬は脳血管の血液量を増やすこともあるようです。それで、半分だけの服用でもいいですかと聞いて飲んでいました。

ただ、そこは痔の手術もピロリ菌除去もするのですが、専門科ではないので一度きちんと調べてもらおうと泌尿器科受診を決めました。

清田図書館の近くの泌尿器科です。

検査は、オシッコを我慢して膀胱に溜めて、そのオシッコを出すときの勢いや時間、そして残尿量を測るのです。
朝一番のオシッコも持って行って調べることもします。
血液検査では、前立腺がんを調べます。

前立腺が何故尿道の脇にあるのか理由は分かりませんが、ガンや肥大によって前立腺を取り除いた事例では一時期尿障害が起きるみたいです。そういう事例をみると、前立腺はオシッコの出の勢いを調整する役目があるかも知れません。
前立腺が大きくなって重たいからといって取り除いたら、水道の蛇口がなくなったみたいに調整できずに、膀胱に溜まったオシッコがそのまま出てしまうんでしょうね。

薬は、以前貰った薬ですが50mgにしてもらっています。
副作用に血圧低下がありますので、高血圧をいつも言われる僕にはうってつけの薬のようです。

それでも、3日ほど飲んで3日休むという服用方法をしています。
効いているのかいないのかよく分かりません。

薬は、効いているかどうかはあなた次第ですというものです。

友人に話しましたが、どうするのか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント