『算命学入門』八木橋信忠著・・・七五三の話

昔は、「子どもは七歳までは神のうち」と言われていました。 それは子どもが成人まで成長することがいかに難しかったかを言い表しています。 「江戸時代後期の農村の平均死亡年齢は、飛騨のある寺院の過去帳の衛生学的調査によると、男28・7歳、女28・6歳である。この異常な低さは、じつは乳幼児死亡率の異常な高さによる。当時の乳幼児の死亡は、じつに全死亡の70~75%を占めている。」(『病いと人間の文…

続きを読む