左利きは不眠に悩まされ、スケベは人類を救う

以下の内容は、電子辞書の中にある雑学事典より転載しています。 利き腕が明らかになるのは、だいたい三~四歳ぐらいだといわれています。ただ、何故左右どちらかの利き腕になるかは不明です。 >では、右利きと左利きでは脳の仕組みに違いがあるのかと言えば、物理的には、(この物理的という意味が、脳科学を指しているのかは分かりません)ほぼ同じだといわれています。  ただし、会話をする場合、右利きの…

続きを読む

災難に逢ふ時節には災難に逢ふがよく候。

『病と人間の文化史』立川昭二著、新潮選書。 「老いの異化」という章にある良寛のことを書いた部分です。 うらを見せおもてを見せて散るもみぢ >これは良寛の自作ではないが、苦痛のはて、ついに良寛は、自然のなかに表(生)と裏(死)をまかせきった静けさにたどりつく。 こうして天保二年一月六日申の刻(午後四時)、弟子遍澄の膝を枕に息をひきとる。七四歳。貞心は、「御なやみもなく、ねむるが…

続きを読む