モアイのマスクとうどん屋さんの霊

北海道新聞でも紹介されたモアイのマスクです。 アベノマスクの小ささが国会でも取り上げられた時に、安倍首相はムキになって反論していました。 でも、自分の顔のあごが丸見えで、答弁で喋れば喋るほどマスクがずれてしまわないか見ている方が心配になります。 こいつはいつになったら、大人になるんだろう。 マスク3人組です。 今度はシカもマスク。 密です!鈴木知事、密を発…

続きを読む

『算命学(宿命編)』入門⑥・・・十干十二支

これまで時間軸の十二支とともに空間軸である十干の説明までしました。 そこには陰陽五行説が語られていましたが、ものごとの性質には陽と陰があり、それが時間軸の十二支でも当てはまるというのです。 陽干(+)・・・子、寅、辰、午、申、戌 陰干(-)・・・丑、卯、巳、未、酉、亥 *陰陽五行説で作られた十干は空間軸である地上の分類であることは説明しました。それが中国仏教に入って「十方世界」が…

続きを読む

暇なときは・・・

『山之口獏全集第一巻全詩集』思潮社刊。 初版は1975年、僕が持っているのが1979年5刷と書いています。 平易な言葉で書かれているので、なにか日常の生活の中でおもわず口から出た言葉を書き写したような印象を受けるが、一篇の詩を作り上げるのに何十枚、何百枚という推敲を重ねていることは知られています。 だからと言って、平易な言葉を駆使しながら、どこかで読者の胸倉をぐいっとつかむようなそんな…

続きを読む

菅原君と詐欺メール

前にも書いたけど、菅原君から手紙がきて、携帯電話の番号・メルアドを変更したという。 それで、菅原君にメールをだしたけど、返信がいまだ来ない。わざわざ手紙迄よこして、なんだろう? もう5年以上も会っていないし、組合の会議以外で会ったことはないから、親しいとも親しくないともどちらとも言えない。 不思議だな。 すると、その後に僕の携帯メールに詐欺メールが2通届いた。 どちらも、同じ内…

続きを読む

記憶すべきか忘れ去るべきか・・・コロナウイルス騒動体験

今、世界中で感染が広がっているコロナウイルスは、スペイン風邪やペストの流行という百年単位での出来事のように言われています。 もし、そのようなものなら、貴重な体験を自分たちはしているのだと言えます。 自分たちは、そのような体験をするために選ばれた人々だと語るのは少し大袈裟でしょうか。 そのような中で、このようなことを言うのは不謹慎と思われるかも知れませんが、人間はいつか死ぬものだとい…

続きを読む

札幌ドームで出会った~

今日は朝から掃除をするので、邪魔だからと外へ追い出されました。 そうなると、行先で思いつくのは、①生協ルーシー店まで歩く(普通に歩いて20分強)、そこで時間つぶしをするならマックでカフェラテ注文。(楽天ポイントが使えます)②イトーヨーカドー福住店へ歩く(普通に歩いて20弱)、そこで時間を潰すときはフードコートで座ってセブンカフェのカフェラテを飲むのだけど、今はそのスペースが撤去されています…

続きを読む

来年に延期ですか

札幌にいる甥っ子から電話が来た。 家電はナンバーデスプレーにしているから、知らない携帯はあまりでないのだけど、何とはなしに出て見たら甥っ子だった。 今年の7月23日に結婚式を挙げる予定だったので、僕ら夫婦もどうするんだろうと心配していたけど、結論としては来年6月に延期を決めたそうです。 昨年は、上の兄貴が結婚式をしたが、その場では自分たち(兄貴の結婚式にも彼女同伴できていた)は2・…

続きを読む

『算命学(宿命編)』入門⑤・・・土用の丑は五元素から

僕が読んでいたのは、○○ブックスという、いわゆるハウツー本です。ですから、占いがあたるかどうかとか、占いを学問的に探究するとかいう問題にはなりません。 ただ、この本は、何故そのように占うのかを意外と丁寧に親切に解説をしています。 五行説とか十干十二支とか言葉で聞いていても簡単にいうことは難しいように思います。知っていても損はないというくらいの態度で接して貰えるのが一番いいような気がします。 …

続きを読む

『算命学(宿命編)』入門④・・・陰陽五行説と相生・相克関係

木星の法則から、12区分の時間軸が生まれたと書きましたが、それを今度は人間が住み営む地上空間の把握にしていきます。 12ケ月の時間軸に対し、それを干支を使って区分する形にしました。 その前段として、季節です。                      亥(11月) 子(12月) 丑(1月)・・・北の方向で、冬の季節   西の方向、秋の季節、・・・申(8月) 酉(9月) 戌…

続きを読む

覚えておくべき名前

WHOのテドロス事務局長の名前は記憶すべきかも知れません。 まず、WHOという機関がどのような組織で、どのような権限があるのかは分かりませんが、ここの事務局長であるテドロス氏はそれなりの収入を貰っているのではないでしょうか。 まず、彼が我々の前に出てきたのは、中国の習近平氏と会っている場面です。 彼は、中国武漢市で起きているコロナウイルの感染状況に対し、中国はよくやっているから、む…

続きを読む

消えたちんちん

『アイヌと神々の物語』萱野茂著、ヤマケイ文庫。 ウエペケレとはアイヌの昔話、民話のようなものです。昔話をもって、それを聞く子供たちに日常の心構えやしきたりを教える役目があるように思います。ただ、あまり教訓的な話ばかりではなく、ちょっとクスッと笑えるものもあります。 >私は父がいて母がいて、ユペッという川筋のコタン(村)で育てられた一人の娘でありました。  父や母は口ではいえないほど…

続きを読む

『算命学(宿命編)』入門③・・・時間を支配する

昨日、NHKで放送している「プラタモリ」を見た。(録画ですが) その回の場所は、奈良県明日香村。 ここは日本という国の礎があるという話です。 蘇我氏が建立したと言われる飛鳥寺の跡(建物を建てるための柱の礎石が残っています)が見られます。 また、斉明天皇の時期に作られた水時計の跡があります。 この場合は、外国からの使者に見せるために作られたのか、人民の管理のために作られたのか…

続きを読む

『算命学(宿命編)』入門②・・・時間軸と干支

【算命】広辞苑・・・占いの一種。人の生年月日の干支などによって運命・吉凶をうらなうもの。 ①では、1年、1ケ月のことを書きました。1年という時間が、地球が太陽を一まわりする時間だということは了解できるのですが、一ケ月の説明がなにか腑に落ちません。 一ヶ月という時間単位が月の満ち欠けに相当することは、太陰暦が作られた経過で読んだことがありますが、木星が太陽を一周りするのに12年かかり、その…

続きを読む

『算命学(宿命編)』入門①・・・算命学とは

『算命学(宿命編)』八木橋信忠著、カンキブックス。 いつ出版されたのか分かりません。巻末に、「かんきブックス」誕生のことばが書かれていますが、それが昭和52年6月になっています。 この本のカバーに以下のことが書かれています。 >算命学は、もともと中国王家代々に伝わる秘蔵の帝王学として、処世術や軍略、政治にもおおいに役立ってきたのです。この学問は他に類をみない膨大な科学的理論とすぐれた技…

続きを読む

コロナブレーク

コロナ騒動でちょっと疲れ気味になっているのは事実です。 朝、テレビをつければ、コメンテーターや専門家がしたり顔で述べるのがなにかお説教のように聞こえます。 うがい、手洗い、咳エチケット。三密にならないように。 なにか倫理や道徳の時間のようです。 ここで、頭をクリアにする意味で、これまでのことをふり返ってみましょう。 コロナウイルスがマスコミで騒がれ出したのはいつ頃でしょ…

続きを読む

こんなの見っけ!

https://www.bsfuji.tv/chikaratabi/pub/008.html 昨日(日曜日)見たんだけど、いつ放送されているんだろうか。 漫才の次長・課長と長州力がいろんなところへロケに行くという内容です。 昨日の放送は、①野草研究家?の若い人が東京の原っぱに生えている野草を見つけて食べるというものです。②次は、世界のボードゲームを紹介しながら遊ぶという趣向です。 …

続きを読む

大丈夫だ~!

今日は昼から雨が降る予報です。 まあ、馬場は晴天つづきで砂ぼこりが舞う状態なので、多少のお湿りは必要かもしれません。 馬たちは人間のコロナ騒動に関係なく、いつもの通りです。 いつの間にか仔馬が来ています。この仔馬の名前を「志村けん」にしたと誰かがいってました。 本当かな? こんな時期ですから、「大丈夫だ~」って言って欲しいのかな。

続きを読む

もういいかい

65歳になって、札幌ドームのジムに通い、太極拳も始めたと書きました。 56歳から始めた乗馬も続いています。 人生の中で、一番身体を動かしている時期なのだと思う。 別に、長生きをしようという訳ではない、今でいう健康寿命のためもある。 日本で独自の健康法というか体操というか、そのようなものを編み出し実践した人の多くが、意外と短命なのだ。60代前半、あるいは50代後半で亡くなっている。…

続きを読む

国民一人当たり10万円だって

コロナウイルス対策として、国民一人当たり10万円の支給を決めたようだ。 最初の時も、国民全員に3万円とか言っていたが、いつの間にか立ち消えになったこともあり、油断は禁物。 今回の決定には、自民党の二階幹事長と公明党が関わっているように見えるが、本当は安倍昭恵夫人の存在が大きいのではないだろうか。 国民に自粛を呼び掛けている時に、またもツアーに参加していたという報道があり、これには安倍君…

続きを読む

安倍首相答弁 知らんけど篇

安倍首相の地元は山口県ですから、大きく分けたら「関西」に位置づけられるのではないでしょうか。それでという訳でもないのですが、安倍首相の答弁は、模範生を気取ったくそ面白くない答弁ばかりで、本心や本音とはかけ離れているだろうと推察できるのです。 安倍首相も関西人気質をもっているなら、こんな本音が答弁に隠されているのではないかと思います。 <全世帯にマスク2枚を配布する> 野党議員・・・政府…

続きを読む

『虎を抱いて山に帰る』ツォンリャン・アル・ファン著、櫛田浩平訳。

正直なところ、今の自分では歯が立たないと言ってよい本です。 太極拳が道教のお坊さん?(オルガナイザーと言うべきかな?)が最初は護身用として作ったと読んだことがあります。それを信者である富裕層に広めたので、最初、太極拳はお金持ちの武術と言われたそうです。 太極拳と言う名前は道教の側がつけたのではなく、周囲からそう呼ばれ、後々自分たちも名乗るようになったようです。 【道教】どうきょう・…

続きを読む

札幌呼吸器科病院のこと

札幌でのクラスターとして、報道されています。 院内感染が広がっているようです。 僕はこの病院を3度ほど診察・診療などでお世話になりました。 1度目は、職場の健康診断で、肺のレントゲンで影が見られますので専門医に受診してくださいということで、受診。 肺のCTを撮りましたが、心配するほどではないとの診断です。 2度目は、自己最高記録の39度の熱が出た時です。最初は、近くのクリニ…

続きを読む

駅ピアノ、空港ピアノ

BSNHKで、「駅ピアノ」「空港ピアノ」をやっています。 駅構内に置かれたピアノ、空港ロビーに置かれたピアノ。誰もが勝手にピアノを弾いていいのです。 海外のロケです。 置かれたピアノにカメラをつけて、演奏後にインタビューをします。 この前見たのは、スコットランドとアイスランド。 スコットランドでは、何人もの人が祖父からピアノを教えてもらったと語っていました。 何人ものミュ…

続きを読む

ハミ受けは内方脚で馬を押し出し外方手綱で受けとめるんだ 知らんけど

巷でのコロナ対策では、外出自粛なんて騒がれているけど、なんとか乗馬できるので有難い。 今日は、独りのレッスンだったので、いつもの蹄跡を走りましょうではなく、広い馬場を走らせてもらいました。 「ハミ受けモテ男」を目指していたんですが、オリンピックとともに断念をする予定でしたが、オリンピックの延期を受けて、「ハミ受けモテ男」の訓練も続行が決まりました。 ハミ受けとは何ぞやと考えても…

続きを読む

日本にオーバーシュートは生まれない

なんだろうな。 専門家が日本でもオーバーシュートがいつ起きてもおかしくないと語っていますが、オーバーシュートって、爆発的な感染拡大ですよね。 それは検査数が1日数万件という実態があって、はじめて成立するものではないでしょうか。 3月中旬の段階でも、政府は1日最大7000件の検査が可能ですと言っているのに、実際の検査件数は1000件を少し上回る程度でした。 オリンピック延期が決…

続きを読む

頻尿日記実験②

前に薬を飲んでの尿の回数を書きましたが、今度は薬飲まずに一週間様子を見た結果です。 夜 1回・・・2   昼 7回・・・1   2回・・・3     8回・・・1   3回・・・1     9回・・・3   4回・・・1    10回・・・1             11回・・・1 *薬を飲まない週の方が日中の回数や夜の回数が増えたのは事実です。  ただ、日中の過ごし方でも…

続きを読む

田崎記者VS玉川記者が面白い

朝は8時過ぎに起きるのだけど、顔を洗ってゴミ出しをして、新聞を取ってきたら、真っ先に羽鳥モーニングショーをつける。 たまに田崎という政府寄りのというか、太鼓持ちというかヨイショをする記者が、政府の施策を評価する発言をすることに対して、玉川記者が猛烈に反論をする図が面白いのだ。 正直、今の政府のやることなすこと、突っ込みどころ満載なのだけど、それでも、野党の批判をもって政府を評価する人…

続きを読む

卑弥呼をなんと呼ぶか?ヒミコ、ヒメコ、ヒメカ

ビッグローブの「相談室」で見かけた質問にこんなのがありました。 >中国の歴史と日本の歴史はどちらが古いですか。 この質問をした人は、いくつぐらいの人だろう? 今の中学校では、卑弥呼や邪馬台国を教えていないのだろうか? そんな疑問が湧いて来て、そこら辺を探ってみようと以下の本を借りました。 『古代史疑』松本清張著、中公文庫刊。 日本史事典(電子辞書に入っているものです)…

続きを読む

日本は何時代にいるのでしょうか?

実際のコロナウイルス検査がいまだに増えていないという話が二カ月くらいしています。 今日、昼のテレビを見たら、お笑いの森三中の黒沢が陽性になったのも、味覚・嗅覚の異常を感じてから数日間もいくつもの病院に拒否されて、ごねてごねてようやく検査をしてもらったら、陽性だったという話です。 また、日本サッカー協会の会長がヨーロッパから帰国して、陽性反応がでたが、一番の濃厚接触者である奥さんやご家…

続きを読む

日本海新聞とマスク30枚到着

女房の知人からです。 「日本海新聞」とマスク30枚がレターパックで届きました。 ありがたいことです。 「日本海新聞」は鳥取県付近の地方新聞のようです。 文字の大きさが違います。 また、天気予報の地点も少なすぎます。掲載されていた地点は、鳥取東部、鳥取中西部、兵庫北部、島根東部の4地点です。 全体の天気予報としては、山陰地方週間天気です。 6枚入りの袋が5袋ありま…

続きを読む

ブランチ月寒東というんだね。

散歩というかウオーキングというか、運動のために歩きます。 もう足もとは運動靴です。 3月31日という日付です。 右手に牛舎?八紘学園の建物です。 左手は飼料用のとうきび畑でしょうか。 雪捨て場も見えます。 ブランチ月寒東(月寒東3条11丁目、向かいに生協やケーズデンキがあります)の横に、日本医療大学ができるそうです。今は、急ピッチで建設を急いでいます。…

続きを読む

キャピキャピというか、荻野目洋子がいいな

昨日、BSの番組で「太田裕美の特集」?みたいなテレビ欄を見つけ、楽しみに歌番組を見ていたら、全然出ません。 新沼謙治とかクミコとか、途中で郷ひろみ特集見たいものを挟んでいますが、出演者に太田裕美がいません。 でも、久々に聞いた郷ひろみの「哀愁のカサブランカ」はいいね。外国の曲なんだね。 また、その番組で歌った荻野目洋子の「六本木純情派」もよかったな。 年齢で言えば、もう5…

続きを読む

1つの妖怪が世界中にあらわれている

コロナウイルスの出現は、マルクスが共産党宣言で書いた「1つの妖怪が今、ヨーロッパにあらわれている」という文言を思い出します。 日本では、何故か「妖怪」ではなく、コロナウイルスという宗教のご神体のようなものになっています。 それは見つめてはいけないもののように扱われ、我々国民への指示は「うがい、手洗い、咳エチケット」でとにかく、うつされないようにしなければなりません。 コロナウイルス…

続きを読む

我が家のコロナウイルス対策完了!

確か、1ケ月前からここ1・2週間が瀬戸際ですと叫んでいたように思います。 瀬戸際がこうも長く続くと、瀬戸際の意味が薄れてきます。 相撲だって、俵一枚でそう何分も持ちこたえることは出来ないはずです。 感染者が急拡大をすると医療崩壊が起きます。そのためにも、3つの密が重なる会合は自粛しましょうと言われています。 それは分かったよ。国民ができる感染拡大の予防のためにという自粛は分かりま…

続きを読む

ようやく図書館も体育館も再開しました

図書館は予約している本を受けとることができるようになっただけですが、大いに助かります。 清田区役所の4階が図書貸し出しのコーナーなのですが、特別、人がごった返すような感じではありません。予約の本棚はいつもよりびっしりとなってはいました。 3階には食堂があるのですが、コーヒーブレイクをしようと寄ったら、今日はコーヒーが無料ですと言われました。 なんか申し訳ないな。 体育館も今日から…

続きを読む