安倍首相答弁 知らんけど篇

安倍首相の地元は山口県ですから、大きく分けたら「関西」に位置づけられるのではないでしょうか。それでという訳でもないのですが、安倍首相の答弁は、模範生を気取ったくそ面白くない答弁ばかりで、本心や本音とはかけ離れているだろうと推察できるのです。
安倍首相も関西人気質をもっているなら、こんな本音が答弁に隠されているのではないかと思います。

<全世帯にマスク2枚を配布する>
野党議員・・・政府のコロナ対策は、これまでも後手後手と言われ続けてきましたが、今度やるマスク配布はそのような批判を回避するための苦肉の策でしかないし、今の時期に400億円以上も使って行う事なのかどうか、政府の見解を聞かせてもらいたい

安倍首相答弁・・・(いつもの少し甲高いような口調で)政府のコロナ対策がなにか後手後手だというご指摘ですが、これまでも適切な対応をしております。今回のマスク配布も、諸外国が行わないもので、マスクがコロナウイルスに有効だという科学的な意見も出されており、国民からの強い要望に沿ったものであります。 知らんけど。

<PCR検査の検査件数について>
野党議員・・・コロナウイルス対策において、PCR検査が依然と増えていない現状があります。オーバーシュートを防ぐためには、外出自粛、営業自粛だけでなく、市中感染者を早く見つけ出して、隔離する必要がありますが、いかがお考えですか?

安倍首相答弁・・・PCR検査数は、今現在日本では1日7000件が可能ですが、これを2万件まで増やせるように考えています。ただ、感染者数の急激な増大は、医療崩壊も招きかねないので、専門家の方々の意見を聞きながら行っていきたいと思います。 知らんけど。 

<コロナによる収入減に人たちへの給付金支給について>
野党議員・・・政府は外出自粛などを呼びかけておりますが、それに伴う会社の営業自粛などで収入が大幅に減った方たちが多く出ています。それに対する政府の支給は手続きも面倒なばかりか、支給される人たちの範囲も非常に限られているようです。補正予算規模は108兆円というけど、支給に回される額は4兆円程度ではないですか。もっと広く大きく支給すべきではないですか。

安倍首相答弁・・・質問をされた議員の方は、今度の政府の緊急対策で組んだ補正予算の規模をきちんと見ていないのではないでしょうか。諸外国に例を見ない108兆円にも及ぶ大規模なものです。また、支給申請の手続きも郵送やネットでも可能にする予定で、5月中には支給できる準備が整うはずです。 知らんけど。

<自宅でくつろぐ姿をSNSで発信したが>
野党議員・・・今、ほとんどの国民がコロナウイルス対策で心身とともに疲弊している現状です。そんな時期に、自分も自宅でこんなにくつろいでいますと、星野源さんのネット音楽を利用してSNSでアップするのは如何なものか。

安倍首相答弁・・・国民の皆さんには、どんな時も気持ちをリラックスさせることが必要だと思い、SNSにアップさせました。それによって、35万人の方から「いいね」を貰っています。星野源さんもそのような気持ちでいたと思います。 知らんけど。


安倍首相は、常に自分のやっていることはベストだと信じ込んでいる面が多々あります。語る言葉が、いつも上っ面な感じに思えるのは、その人自身を反映しているかもしれません。

だからこそ、自分のやっていることに、そうかなとか今はこう思ってやっているけど大丈夫かなという姿勢が必要なのではないでしょうか。だからこそ、自分のしゃべった言葉のあとに、「知らんけど」とつけた方が答弁の正確さが伝わるような気がする。知らんけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント