いみなとさじん

『市塵』藤沢周平著。 佐高信氏が司馬遼太郎と比較として評価していたので読んでみました。途中です。 新井白石が主人公です。 広辞苑で仕えていた徳川家宣を調べると、新井白石・間部詮房を登用して前代の弊風を改革したとあります。家宣の前は生類憐みの令の悪名高い綱吉です。 新井白石、名前だけは知っていても何をしたのかは分かりません。 この小説では儒者とあり、古の教えを守るだけの学…

続きを読む