頻尿日記

僕らのようなシニア世代になると、高血圧と頻尿のCMはどうしても目に付くのだ。

高血圧のCMでは、上が130以上になったら高血圧だと脅しているが、この基準はどうも国際的なものではないようだ。
もちろん、血管内の水圧(この場合は血圧か)が強まるとと、血管の壁が年齢と共に薄くなったり硬くなったりするシニアの人たちにとっては危険な要因になることは理解できるが、それでどの数字が適切かはあくまで個人差だろうと思う。

昔は、年齢プラス100がその人にとっての適切な数字だと言っていたような気がするが、いつの頃からか、130を越えたらと大騒ぎするようになった。

ところで、頻尿の方だが、基準はあるのかと言えば、1日の中で(朝起きてから寝るまでの間)8回以上の回数だったらとある。ただ、人によっては、その回数以下でも気になる場合があるようだ。

1日に8回とは、例えば朝8時に起きて11時に起きる場合。(実際、僕の生活がそうだ)通算時間は15時間。

15時間÷8回=1.875時間・・・つまり、2時間以内に1回であればセーフのようだ。

僕自身、屋外の仕事だったので、50歳を越えた頃から途中でトイレに行くことが頻繁にあったし、オシッコをしたいと思ってトイレに行ってもすぐにでないとかオシッコの勢いがないとかあって、「こりゃ~、自分も頻尿だな」と思った。

ただ、頻尿も男性に多い前立腺肥大の他に、過活動膀胱の場合もあり、なにが原因かは特定しずらいようだ。

頻尿の男性が(自宅でウエブ制作の仕事をしている)、医者のアドバイスで改善した事例をテレビで見たことがある。
それは結婚を控えている男性なのだが、あまりにオシッコが近いので、披露宴をつつがなくこなせる自信がないという相談に、医者のアドバイスは、一回ごとのオシッコを我慢するというものです。

その人の場合は、機能的なにも臓器的にも異常がなかったので、心因性のものだろうという診断です。
つまり、自宅での仕事のため、少しでもオシッコがしたくなるとすぐにいくのが習慣にようになっていたので、オシッコがしたくなったら10分でも20分でも我慢をすることで、膀胱から頭への信号を緩やかにするというものです。

本来の膀胱の機能では、400CC程度の尿は溜めていられるものなので、少し我慢しても大丈夫だということです。

彼の場合は、その方法が成功しました。

僕の場合は、前立腺が2倍くらいの大きさがあるとの診断です。その前立腺が尿道を圧迫してオシッコの出を悪くしたりしているようです。

そのために薬を処方してもらい、飲み始めたらオシッコの出が良くなりました。(処方箋には、膀胱の緊張を和らげると書いていました。また、副作用として血圧を低下させる場合があるので注意をと書いています。血圧を下げてくれるのなら大助かりですが・・・)

でも、その薬を毎日飲んでいていいものか疑心暗鬼で、出かける時にしか飲んでいません。

それで、つい最近、飲んだ時と飲まない時の1日及び夜間の尿の回数を比べて見ました。

正直、一日の行事の具合で変わるのかがよく分かりませんが、はっきりと差が出たようにも思えません。

・薬を飲んだ7日間・・・夜間 0回 一日、1回 一日、2回 三日、3回 一日、書くのを忘れた日 一日。
            日中 7回 一日、8回 一日、9回 三日、10回 一日、書くのを忘れた 一日。

薬を飲まない日を今実験中です。こうご期待! 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント