魚(うを)を食べると海になり牛を食べると草原になるわたしの体

表題の短歌は、道新日曜文芸欄で29年もの長きにわたって選者をしていた松川洋子氏の作品です。 年齢は92歳とあり、上記の歌も最近の作ということです。 もし、年齢を伏せてこの作品を見せられたら、若い女性の健康的なエロティシズムの作品だと評したかも知れません。 魚と海、牛と草原という対応が直截的な感じはしますが、大らかなものを感じます。 でも、僕の頭の中の理屈では、魚と海、牛と草原の対…

続きを読む

今こそアメノウズメが必要なのかも知れません

『アメノウズメ伝』鶴見俊輔著、平凡社刊。 僕の書棚には鶴見俊輔の本が30冊以上あります。 でも、上記の本はこれまで読んでいません。だけど、鶴見俊輔の思想の在りかを知りたいと考えたら「アメノウズメ伝」が最適ではないかと思います。 アメノウズメは「古事記」や「日本書紀」に出て来る神です。 アマテラスノカミが岩屋戸にお隠れになりこの世が暗闇に包まれたときに、アマテラスノカミを岩屋戸から…

続きを読む

肺の影

コロナウイルスの症状は風邪のような症状と倦怠感、重症化してくる過程での肺炎と言われています。 昔、職場でやる健康診断で二度ほど肺のレントゲンで引っかかったことがあります。 肺の影のようなものがありますので、専門の病院で精密検査をして下さいという通知を貰いました。 それで、二度も肺のCTを取りましたが、異常はありませんという診断です。 それとは別に39℃以上の熱がでたことがあり…

続きを読む

コロナウイルス騒動の序章でしょうか

今日(2月27日)から3月末まで体育館がお休みになりました。 コロナウイルス対策としてです。 そのために毎週木曜日に通っている太極拳講座もお休みです。 太極拳の先生もその間は収入が途絶えるのではないでしょうか。 それに3月初旬に予定していた結婚お祝い会も延期?が決まりました。 乗馬クラブ仲間での宴会ですから、もしかしたらプレゼントだけになる可能性もあります。籍はもう入れているの…

続きを読む

日は残りて昏るるに未だ遠し

今日はBSでの藤沢周平SPのドラマ「三屋清左衛門残日記」を見ました。 隠居した家老?(要人=ようじん?とドラマでは話していました)が行く先々でお家騒動にそれとなく巻き込まれながら、隠居生活に馴染んでいくという作品でしょうか。 ブログの題名を「カッパ清左衛門残日記」とでもしましょうか。 いやいや、平社員で退職した身には、お家の騒動なんて関係ありません。 昨年から始めた太極拳仲間…

続きを読む

猿田彦は天狗なのか?

『サルタヒコの旅』編集者 鎌田東二、創元社刊。 正直なところ、「古事記」を途中まで読んではいたが、サルタヒコという名前は記憶していない >一人の神がいます。天のやちまたにおります。その鼻の長さは七あた、座高は七尺あまり、身長はまさに七ひろになりましょう。また、口、尻があかるくひかっています。眼は大きな鏡のようであり、照りかがやいているさまは、赤いほおずきのようです。 このサルタヒコ…

続きを読む

どっちの味方でもないんですが・・・

『司馬遼太郎と藤沢周平』佐高 信著、光文社刊。 副題に「歴史と人間」をどう読むかとあります。 実は司馬遼太郎を読んだことがありません。ましてや藤沢周平もです。 なんか皆が注目する作家は読みたくないんです。へそ曲がりなんです。ひねくれものなんです。 司馬遼太郎が描く坂本龍馬がある時期から注目され、我も我もと竜馬人気が出ると、俺は知らねえよと言いたくなるんです。 トンチじゃ…

続きを読む

今日はサボリました

冬のシーズンの乗馬は、馬場が雪で覆われるので落馬しても危険性が少ないという利点があり、どちらかというと好きなシーズンです。 もちろん、室内練習場があるセレブな乗馬クラブでは雪の心配などないのでしょうが、リーズナブルな乗馬に親しんでいる身としては微妙な冬場の馬場コンデションは常に気なります。 どかっと雪が降った時はいいのですが、三寒四温の時季などは日中がプラス気温で朝晩がマイナス気温と…

続きを読む

お前は何者か

道の駅なのかインターチェンジ内のレストランなのかは不確かだけど、そこのレストランがストライキで営業をしていない状況をテレビで紹介していました。 事の発端は料理長(店長だったかも)とオーナーの意見が合わなくてオーナーがその料理長を首にすると言い渡されたことに対し、従業員全体が反対の意志表示としてストライキをしたというものです。 上記の事態はオーナーが他の人に店の権利を売却する形になったので…

続きを読む

まだまだダメという事だけは分かります

久し振りの下の馬場での乗馬レッスンです。 どっさり雪が降ったおかげです。 しかも4人による部班です。 調子こいて駆歩を思いっきりだしたけど、もっとスムーズにきちんと発進させるべきだったと帰ってから反省しきりです。 馬の動きで言えば、常歩は八の字の動きをします。 パッカパッカという蹄の音からの動きでゆったりとした動きを連想しますが、左右に前に脚をだすイメージではなく、舟が波に揺れ…

続きを読む

奥さんお絵かきですか?対ランクィ~ン

夕方のテレビは、STVのどさんこワイドの中で行われている「奥さんお絵かきですか」とHBCの今日ドキッ!の中の「ランクィ~ン」を見ます。 「ランクィ~ン」が先に放映されるので、そこの回答者に漏れた方が、STVの「奥さんお絵かきですよ」に並んでいるのを見かけます。 どちらも女性向け主婦向けのクイズコーナーなのですが、「奥さんお絵かきですよ」の方が絵を描く分難しいような気がします。 …

続きを読む

異常人気じゃねえの?

テレビっ子と言っても何でも見る訳ではないのですが、「出川哲朗の充電バイクの旅」は見ます。 と言っても、録画をしてあまり面白い番組がないときに見ます。 出川哲朗が昔は中学生にバカにされ、街であっても蹴られるなどのちょっかいを受けていたという事実に比べれば、今の歓迎ぶりは驚くばかりですが、かといって何か芸風が変わった訳ではないので、その変貌ぶりには首をかしげてしまいます。 バイクの旅先…

続きを読む

日本人が死んだ

とうとうと言うか、日本人が死んだ。 中国武漢市に滞在していた日本人がコロナウイルスに感染して死んだのではないかと言う記事です。 でも、海外のメディアが「コロナウイルスで日本人が死んだ」と報道したら、受け取る側は日本でも死者がでたのかと勘違いをしそうです。 確かに、日本人がコロナウイルスで死んだのですが、中国武漢に滞在しているという修飾文が抜けるのです。 それでなくても、ヨーロッパ…

続きを読む

人が立つ

『からだ・演劇・教育』竹内敏晴著、岩波新書。 二度目の読了かな。 歯科医院に通う段になると憂鬱になる。そこも一応は予約制だけど、時間通りに運んだことはない。予約時間の30分過ぎはよくわることで、1時間以上も待たされることがある。それが待合室でのことならまだしも、診療室の席に座ってからも待つのだから、頻尿のシニアにとっては憂鬱な時間になる。 それでも、少しでも気を紛らすために本を持って行…

続きを読む

ウンチやオシッコを名乗る

ビッグローブの「相談室」で、「なぜ、漁船の名前には〇〇丸と最後に丸を付けるのが多いのでしょうか」という質問を見つけました 僕の認識では、<丸>は「和をもって尊し」という御誓文の趣旨から類推するに、調和や均衡という概念を想起させるものとして昔から考えられていたので、舟の名前にもつけられたのではないかと思ったのです。 因みに、<丸>は人や犬、舟、刀などにもつけられたとあります。 ウ…

続きを読む

マリリンモンローを降ろしてもらう?

今年は東京オリンピックがあるので、本州の主要な観光地は敬遠していましたが、それ以上にコロナウイルスの問題もでてきました。 それでというか、今年の観光先は青森県恐山にします。 最初は、車で行き、函館からフェリーで大間に着き、仏が浦経由で恐山を考えていました。 でも、そうなると観光は恐山だけになりそうです。 しかも、函館ー大間のフェリーは車と人で2万円かかり、往復だと4万円。なんか時…

続きを読む

30万人と2人

コロナウイルスの収束がまだまだ見えません。 うよ そんな中、ネットでは東京オリンピックの中止というフェイクニュースまで出てくる始末。 中国武漢市からの邦人避難に関して、日本政府はチャーター機を手配し、第一便が到着しました。 その中の2人がウイルス検査を拒否して自宅へ帰りました。後日、その2人からは検査をして欲しいとからは連絡があったそうですが。 ネットではその2人が反阿部左翼だ…

続きを読む